エイチームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新規上場記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 携帯電話向けコンテンツのエイチームが4月4日に東証マザーズに...

携帯電話向けコンテンツのエイチームが4月4日に東証マザーズに上場!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

iPhone「ダークサマナー」やスマートフォン用麻雀ゲームアプリ「麻雀 雷神」が絶好調のエイチームの上場が決定した。東京証券取引所は、この日(2月29日)、エイチームの東証マザーズへの上場を承認する、と発表した。上場日は4月4日で、市場コードは「3662」。主幹事は、大和証券キャピタル・マーケッツ。

エイチームは、1997年、代表取締役社長の林高生氏の個人事業としてスタートし、2000年より岐阜県で有限会社エイチームとしてモバイルコンテンツの受託開発を手がけるようになった。その後、2004年11月に、株式会社に組織変更した。その後、名古屋に拠点を移した後、順調に業容を拡大させ、2008年9月にEZアプリ初のMMORPG「エターナルゾーン」をリリースし、2009年以降、「mixi」や「GREE」、「Mobage」でソーシャルゲームをリリースしている。

主な事業内容は、ゲームやデジタルコンテンツの企画・開発、運営を行うエンターテインメント事業と、比較サイトや情報サイトを運営するライフサポート事業からなる。

携帯公式サイトでは「エターナルゾーン」や「ミリオンヴァーサス」などMMORPGなどを展開しており、ソーシャルゲームについては「無限マラソン」、「エターナルゾーン-エバンの聖戦-」、「AKBステージファイター」を運営している。

近年、スマートフォンアプリについても注力している。「エターナルゾーン」や「ミリオンヴァーサス」のほか、200万ダウンロードを誇る「麻雀 雷神」を展開している。最近ではApp Storeトップ無料1位を獲得した「ダークサマナー」が記憶に新しい。

ライフサポート事業では、女性向けの生活情報サイトや、自動車買取・引越し査定などの比較サイトなどを運営している。

 

■直近の業績について

直近の業績は、2011年7月期は、売上高40億6400万円(前期比15.5%増)、営業利益4億4800万円(同82.7%増)、経常利益4億4600万円(同56.2%増)、当期純利益2億5800万円(同334.3%増)だった。

エンターテインメント事業は、売上高24億9900万円(同5.4%増)、セグメント利益7億0500万円(同25.5%増)だった。公式サイトの収益が伸び悩む一方、「GREE」や「Mobage」を中心にソーシャルゲームやスマートフォンアプリを積極的に投入した。

ライフサポート事業は、売上高15億6400万円(前期比36.6%増)、セグメント利益1億7800万円(同95.1%増)だった。引越し価格の比較サイトや、中古車買取査定サイト、結婚式場の情報サイトが好調に推移した。

 

■調達した資金について

上場に伴い、普通株式30万株を発行する予定。新株発行に伴う手取り概算額3億0700万円と、第三者割当増資に伴う手取り概算金4700万円で、合計約3億5400万円を調達する予定。調達した資金の使途については、人材の採用人人件費に8000万円、サービスにかかる広告宣伝費に2億7400万円を充当する予定。

 

後日、きちんとした紹介記事をまとめたい。とにかく、おめでとうございます!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エイチーム

企業情報(株式会社エイチーム)

会社名 株式会社エイチーム
URL https://www.a-tm.co.jp/
設立 2000年2月
代表者 林高生
決算期 7月
直近業績 売上高376億7400万円、営業利益47億100万円、経常利益47億3000万円、最終利益33億600万円(2018年7月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3662

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事