カプコンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算】カプコンのソーシャルゲームの4Q営業益は前四半期比1...

【決算】カプコンのソーシャルゲームの4Q営業益は前四半期比120%増と急成長…『モンハン』とビーラインタイトルが貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

カプコン<9697>は、昨日(5月7日)、2012年3月期の決算発表を行い、会社全体としては減収減益となったものの、SNSやスマートフォン向けソーシャルゲームなどを展開するモバイルコンテンツ事業が大きく成長したことが明らかになった。売上高は前期比56.6%増の63億0800万円、営業利益は同74.6%増の23億8500万円となった。

モバイルコンテンツ事業の四半期ごとの売上高と営業利益を見ていこう(下図)。2011年4月以降、売上高は12-14億円、営業利益は4億5000万円前後で推移し、一部では伸び悩んでいるとの意見もみられたが、第4四半期(2012年1-3月期)に入って売上高、営業利益ともに急伸したことがわかる。第4四半期の売上高は、前四半期比61.1%増の23億円、営業利益は同120.7%増の10億2000万円となった。

 

 

同社では、GREE『モンハン探検記 まぼろしの島』が着実に会員数を増やすとともに、同じくMobage『みんなと モンハン カードマスター』も好伸したことをあげている。いずれも会員数100万人を超えた。さらにビーラインの『スマーフ・ビレッジ』が好調に推移したほか、『スヌーピー ストリート』も日本やアジアで健闘とのこと。ビーラインタイトルは、国内外合せて5600万件のダウンロード数を突破した。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カプコン

企業情報(株式会社カプコン)

会社名 株式会社カプコン
URL http://www.capcom.co.jp/
設立 1983年6月
代表者 辻本春弘
決算期 3月
直近業績 売上高642億円、営業利益105億円、経常利益108億円、当期純利益66億円(2015年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9697

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事