ヱヴァンゲリヲン MEMORIA、タイトー、mobageに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > タイトーとコプロ、『ヱヴァンゲリヲン MEMORIA』をMo...

タイトーとコプロ、『ヱヴァンゲリヲン MEMORIA』をMobageでリリース

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトーとコプロは、本日(9月25日)、「Mobage」で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を題材にしたソーシャルゲーム『ヱヴァンゲリヲン MEMORIA』の提供を開始した。フィーチャーフォンとスマートフォンでの同時リリースとなる。基本プレイ無料のアイテム課金制。ゲームの概要を紹介しておこう。

本作は、第三新東京市を舞台に、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のシーンを使った「メモリー」を集めながら、仲間とともに使徒と戦っていくソーシャルゲーム。ゲームの流れは、クエストを進めてメモリーを集めつつ、メモリー合成をして使徒と戦っていく。これらを繰り返して、アルバムにメモリーを集めていく。

 

■クエスト

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界観を再現したクエストでは、人気キャラクターたちと交流しながら、臨場感のある学園生活が楽しめる。キャラクターに出会ったとき、ケータイを使うと、レアメモリーが入手できる。メモリーには、様々なスキルが付いており、メモリー同士を合成することが強化することができ、使徒との戦闘時に役立てることができる。

 

 

■アルバム機能

また、アルバム機能も用意されており、メモリーのコレクションも楽しめる。メモリーをコンプリートすると、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の様々なシーンが再現される。

 

 

■使徒迎撃

クエストを進行していると、使徒が襲来することがあり、NERVから使徒迎撃作戦が発令される。プレイヤーは、仲間ととともにメモリーを携えてチームで使徒の迎撃作戦に挑む。搭乗できるエヴァンゲリオンは、開始時は、零号機、初号機、弐号機のみだが、参号機や仮設伍号機、Mark06も登場する。

 

 

ちなみに、チームに属するプレイヤーは20人。このうち、MAGIシステムが自動的に最適なプレイヤーを選出する。使徒を見事殲滅した場合、参加できなかったプレイヤーにも報酬が付与されるとのこと。

なお、使徒との戦闘時、一定条件をクリアすると、暴走やビーストモードが発動するなど劇場版さながらのバトルが楽しめる。発動条件は、シンクロ率が100%になると発生し、初号機は「暴走」、弐号機は「ザ・ビースト」となり、5分間だけ使徒に与えるダメージが上昇する。シンクロ率は戦闘を繰り返す度に上がっていく。

 

■『ヱヴァンゲリヲン MEMORIA』

スマートフォン版

フィーチャーフォン版

 

(C)カラー

(C)COPRO

(C)TAITO CORP.2012

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ヱヴァンゲリヲン MEMORIAタイトーコプロ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事