大相撲カード決戦、グリー、GREEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グリー、『大相撲カード決戦』をSP版GREEでリリース…1月...

グリー、『大相撲カード決戦』をSP版GREEでリリース…1月場所にソーシャルゲーム初の懸賞幕を提供

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

グリー<3632>は、本日(1月11日)、1月13日から1月27日まで開催される大相撲1月場所(両国国技館)に、ソーシャルゲーム初となる懸賞幕を提供するとともに、財団法人日本相撲協会公認のソーシャルゲーム『大相撲カード決戦』を、スマートフォン版「GREE」でリリースしたことを明らかにした。フィーチャフォンから先行リリースされていた。

本作は、日本全国を巡業しつつ、力士カードやちゃんこ食材を集めて、自分だけのオリジナル部屋をつくり、日本一の力士を育成するカードゲーム。強力な力士に対しては、他のユーザーと協力してぶつかり合うなどソーシャルゲームならではのコミュニケーション要素も取り入れられている。

力士カードには、横綱「白鵬」「日馬富士」をはじめとした現役の力士だけでなく「北の湖」「千代の富士」「貴乃花」など日本中を熱狂させた名力士も総出演し、新デザインのカードも続々と登場するとのこと。

 

 

同時に、グリーは、フィーチャーフォン、スマートフォン向け「GREE」における「大相撲カード決戦」の提供開始を記念して懸賞幕を掲出することも決定。「大相撲カード決戦」のロゴをデザインした懸賞幕が登場するのは、初日から千秋楽までの各日結びの一番(各日最後の取り組み)となる。

 

 

日本相撲協会とグリーは、「ソーシャルゲーム業界初となる、今回の「大相撲カード決戦」の提供を通じて、新たなジャンルを創出し、国技である相撲の魅力を広く伝えていくとともに、ユーザーの皆様に、より一層満足いただけるよう、魅力あるサービスの拡充に努めていきます。」としている。

 

『大相撲カード決戦』

 

(C) 財団法人日本相撲協会 / (C) GREE, Inc.

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 大相撲カード決戦グリー

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高779億円、営業利益94億円、経常利益103億円、最終利益47億円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事