【連載企画:DONUTS GAMES 研究所8】グッズ、CD、ライブまで自主制作! わずか3年で人数7倍になったコンテンツグループの過去未来


キミはDONUTS GAMES をご存知だろうか。


ジョブカンをやっているところ?


ミクチャの運営?














違ぁうッッッ!!!!







…………

(こうやって語るのももう何度目だろうか)
(……【次回】からは省略させてもらうとしよう)




(私は【DONUTS GAMES研究所】の研究員)
(そんな私の務めはというと────)

ポ〜〜〜〜〜〜!



浸ってるところ悪いが  

こいつの調査レポートを受信したッポ
おい! こいつとはなんだ!

エージェントのMさんと呼べ!
フン、立場はお前の方が下ッポ
なにをぉ〜!
はいはい2人とも落ち着いて
Mくん、今回も迅速な調査をありがとう
エージェントとして当然のことです!
DONUTS GAMESの調査を行い、

研究員さんへ報告をするのが僕の役目ですからね
新規の読者さんにもわかりやすい説明ご苦労ッポ
お前は少し黙るッポ!
語尾、語尾!



────第2シーズンを迎えた本連載。

一発目はDONUTS GAMESが手がけるタイトルのCDやDVDの制作、グッズ販売、

ライブ・イベントまで全てを担っているゲーム事業部・コンテンツグループの

中心人物にたっぷりと話を聞かせてもらった。




ひとときも見逃すなッポ!

快進撃を続けるコンテンツ事業にこの人あり



たかぎ

コンテンツグループの グループリーダー。
やすみのひは かぞくといえで ゆっくりすごしている。

エージェントM

ふとりやすいため ごはんを ひかえており
よるはサラダ もしくはたべない。






※「たかぎ」こと髙木貴はエンターテインメント系企業の宣伝広報責任者を経て2019年10月に株式会社DONUTSに入社後、ゲーム事業部コンテンツグループのグループリーダーに就任。DONUTS GAMESのライブ、音楽、グッズ事業を大きくドライブした。


たかぎさんが現在ご担当されているお仕事内容、業務を教えてください。

エージェントM

たかぎ

【ゲームを作ること】以外は全て担当しています。
DONUTS GAMESのコンテンツは最近リリースされた『ユアマジェスティ』他、年々増えてきており、ゲームタイトル全てのコンテンツ事業の戦略を立てています。ゲームキャラクターのグッズはもちろん、ライブイベントや、CDなどの音楽商品もありますね。

ゲーム制作以外のご相談はまず最初にたかぎさんへお話がいく、といった流れでしょうか?

エージェントM

たかぎ

そうですね。実行するか否かは私が判断をしています。

たかぎ

入社前に外からDONUTS GAMESを見た時は、『Tokyo 7th シスターズ(以下ナナシス)』などコンテンツ展開しているタイトルもあったので、ライブを企画したりグッズを作ったりしている方がいるんだろうなぁと思っていました。

たかぎ

実際に入社してみると、タイトルはたくさんあるのに『ナナシス』以外は積極的に動いておりませんでした。当時のDONUTS GAMESはこういった業務をプロモーションの一環としか見ていなかったんだと思います。
「ひとつの立派な事業になるのにもったいない!」と思ったのでしょうか?

エージェントM

たかぎ

はい、それはもう……思いましたね(笑)
コンテンツグループにはライブ・グッズ・CDと柱がいくつもあり、担当タイトルも複数あるかと思いますが、どのような広げ方をされてきましたか?

エージェントM

たかぎ

私が入社した当時、『ブラックスター -Theater Starless-(以下ブラスタ)』のゲームが立ち上がったばかりでした。

たかぎ

リリース前の時点でも外部からグッズを作りたいという打診をたくさんいただいていたのですが、先ほどもお伝えした通り社内に対応できる方がいなかったんですね。
なので最初は「一緒にもの作りをしたい」という声に応えるため、ありとあらゆる手を尽くしました。

たかぎ

様々な打診をいただいた中で「グッズを作って販売するところまで、社内で完結できるのではないか?」という結論に至り、最初に挑んだのが2019年のアニメイトガールズフェスティバル(以下AGF)でした。
AGFというと、当時も物販に力を入れていたのでしょうか?

エージェントM

たかぎ

販売するグッズの種類や個数は私が入社した時には既に決まっており、それほど数量も構えていなかったので現場であっという間に完売しましたね。

たかぎ

その後、事後物販に参加し2週間でさらにたくさんのグッズを販売させていただきました。この事業の可能性を感じることができましたね。

たかぎ

事後物販はAGFの本隊に任せるという方式もあるのですが、その時は外部に委託する形でお任せしていました。

たかぎ

その後、外部委託のコストを見て、社内でECサイトを作ってみようという話になりました。自分たちの手でやることで、圧倒的に利益率は上がりましたね。
グッズ作りもEC販売も社内でご担当されているんですね……!

エージェントM

コンテンツグループ拡大のカギは【足りていないもの探し】

コンテンツ事業を運営されていて、売上拡大の分岐点になったフェーズや出来事はありますか?

エージェントM

たかぎ

販売アイテムを増やすにつれて売上は自然と上がっていきました。売ることに特化した仕掛けがうまく当たったのかもしれません。

たかぎ

販売物を出してぼーっとしているわけではなく、一発必中を意識してやっています。
おお〜……具体的なエピソードを教えていただけますか?

エージェントM

たかぎ

一例ですが、ライブ終わりのタイミングでブルーレイやCD発売の告知をして、発表から3日間限定の特典をつけました。
それは絶対欲しくなってしまいますね!

エージェントM

たかぎ

会場にいるみなさんには間違いなく喜んでいただけますよね。
ただ円盤を出して売る、だけではなく一番欲しいと思っていただけるタイミングに告知をすることが重要だと思います。
オンラインチケットに関しても【仕掛け】があると伺いましたが……

エージェントM

たかぎ

オンラインチケットは通常なら当日会場にこれないお客様向けの販売になりますが、会場にいるお客様に「もう一度あのライブを観たい」と思っていただけるような【仕掛け】を用意しました。

たかぎ

オンライン配信のアーカイブは通常ですと3日~1週間ほどの配信期間なのですが、1ヶ月観れるようにしています。
本来なら円盤化まで何ヶ月か待つことになりますが、配信ならライブ後すぐに観られていいですね!

エージェントM

たかぎさんが【お客様に喜んでいただける仕掛け】を考える際、大事にされていることはなんですか?

エージェントM

たかぎ

【最近足りていないもの】にアンテナを張っています。

たかぎ

オンラインチケットの売れ行きに対する施策を考えたり、全体を見渡して足りないピースを見つけて適宜対応しています。
こちらも具体的なエピソードを教えていただけますか?

エージェントM

たかぎ

そうですね……最近ですととある会場でライブが決まっていたのですが、諸事情で延期になってしまったんです。

たかぎ

ただ、会場も物販も全部準備していたし、何より楽しみに待っていてくださったお客様のために、急遽先行物販を行うことになりました。

たかぎ

さらに演者さんの衣装を展示して衣装展という形でみなさんに見ていただけるようにし、会場内でゲーム大会も開催しました。
ライブの延期は悲しいお知らせですが、この日を楽しみに予定を空けていた方もたくさんいたでしょうからこれは嬉しいイベントですね。

エージェントM

たかぎ

そう思っていただけたなら嬉しいです。
ライブが好きなお客様に、ゲームにもより興味を持っていただけるきっかけ作りができれば……と考えています。今後もゲームとライブの繋がりを濃くしていきたいですね。

たかぎ

また、会場の使用をキャンセルせずイベントを開催したことで、中止になったライブを同じ会場で開催できることになりました。

たかぎ

今回のようにライブにもいろいろな企画を織り交ぜていきたいと思っていますので、是非楽しみにお待ちいただきたいですね。

キミもコンテンツチームで輝き、活躍してみないか?

コンテンツグループは何名いらっしゃるのでしょうか?

エージェントM

たかぎ

20名いかないくらいです。最初は私を入れて3名でスタートしたので、チーム規模は7倍くらい増えましたね。
まだまだやりたいことがたくさんあって、人手は足りていないですが……
代理店に任せず、ライブ・CD・グッズ・イベントとすべての事業を自社で手掛けていることのメリットや良さはありますか?

エージェントM

たかぎ

話が途中で曲がらないことですね。我々が届けたいものがまっすぐお客様に届くのが最大のメリットです。
利害関係が入ってくるとやりたいことがなかなかできないですからね。

たかぎ

例えば、『ブラスタ』のライブで披露した楽曲をすぐにゲームに配信したい時、本来ならゲームの開発会社・ライブの運営会社・演者を取りまとめるキャスティング会社・レコード会社等と調整しないといけないのですが、これらすべてが自分達で対応できるのでリリースまでが早いです。
「やりましょう」のひと声で即行動できるんですね。

エージェントM

コンテンツグループの良さはどんなところにありますか?

エージェントM

たかぎ

全員が積極的に、前向きに考えられるメンバーだというところですね。

たかぎ

これも最近のエピソードですが、急遽デザインを仕上げなければいけない案件があり「明日までに準備稿を上げてくれると嬉しいんだけど……」と相談したところ、「そんなのできません」と返ってくるのを想像していたのですが、「1種類です?もっと作ってもいいですか?」「全キャラ分作っていいですか?」と、とてもポジティブな返事が返ってきたので正直私も驚きました。
そういったマインドはみなさん最初からお持ちだったのでしょうか?

エージェントM

たかぎ

はい。面接の時点で判断していますね。
ただ、今後コンテンツグループの人数が増えたときにその前向きな気持ちが強制にならないように意識はしています。
最後に、現在特に募集している職種と求める人物像を教えてください。

エージェントM

たかぎ

CDやブルーレイ、またはグッズの制作進行管理のご経験をお持ちの方です。

たかぎ

企画段階から入って、制作いただくパートナーに伝えてディレクションをし、プロモーションして実際に販売するところまでお任せできる方だとなお嬉しいです。

たかぎ

「それ全部やるの!?」と驚かれると思うので(笑)今申し上げた業務の中で何かしらの経験がある方は是非、お会いしてみたいですね。


────報告は以上です
ご苦労さま。ありがとう





(……さて)
(本連載を最初から読んでくれている諸兄姉は、
 
突然現れた得体の知れないハトに驚いているのではなかろうか)
ポ?
(名前はナビッポ。  

ハト目ハト科・鳩の形を模しているが、これは【端末】だ)
(こいつの役目は……)
ポ〜〜〜〜〜〜!
!?
今回はここまでッポ
話が進むにつれて文字数が多くなっているのは

お前も自覚があるッポ?
うっ……
話? 文字数……?
とにかく、今回はここまで!
あばよ! ッポ!








 

 
▲DONUTS GAMESの求人情報はこちら!▲

ん? 他の調査結果も気になる?

過去のレポートも以下にまとめたのでぜひ読んでくれたまえ