消滅都市、Wright Flyer Studios、Amazonアプリ、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームインタビュー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【インタビュー】内田雄馬さんに訊く「消滅都市 FUTURE ...

【インタビュー】内田雄馬さんに訊く「消滅都市 FUTURE CONCERT」の魅力とは…「普段とは異なるライブ感を得られたことが新鮮でした」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Wright Flyer Studiosは、12月28日、渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホールAにて、『消滅都市』を題材とした、ドラマ×DJ×オーケストラ「消滅都市 FUTURE CONCERT」を開催した。本イベントは、12月28日~30日の期間、全5回公演で行われた。

本稿では、12月28日の公演後、サトル役として出演した声優の内田雄馬さんへのインタビューを実施。公演についての感想を中心に、印象的なエピソードなどを伺ってきた。

なお、コンサートの内容については下記、関連記事のレポートを参考にしていただきたい。

【関連記事】
【イベント】ドラマ×DJ×オーケストラ「消滅都市 FUTURE CONCERT」を開催 花澤さん、杉田さんら声優陣による朗読劇と生演奏の融合

 

■サトル役・内田雄馬さんにコンサートの感想をインタビュー



――:本日の公演はいかがでしたか?
 
内田さん:生演奏の迫力が凄かったです。僕自身、元々『消滅都市』の音楽が好きで聴いていたこともあり、生演奏を聴ける舞台にテンションが上がりました。また、『消滅都市』はゲーム性以外にも音楽が注目されている作品だと思います。テレビCMが放映されていたときも、『消滅都市』のことを知らない人が音楽を聴いて「この良い曲は何だ!?」と思うポイントがたくさんある作品ですので、その音楽を直接聴かせていただけたのは、2016年の良い締め括りになりました。

――:声優さん同士の共演についてどう思われましたか?
 
内田さん:ゲームは基本的にひとりでボイスを収録する機会が多いので、今回みなさんと共演しながら物語を作り上げていくことができるのは役者として凄く楽しかったです。 

――:印象的なところはございますか?
 
内田さん:やはり、DJやオーケストラの方々と共に舞台に立つということが最も大きな違いだと思います。声優としては、ボイスを先に収録してBGMが後から収録されることが多いので、その場で音楽に影響を受けて言葉を発せる空間がかなり特殊だと感じました。普段はボイス収録の際に「どういうBGMが付くだろう?」と、自分の中で想像して喋る瞬間があるのですが、実際に曲が流れている中で出てくる言葉だと普段とは異なるライブ感を得られたことが新鮮でした。
 
――:最後に、ファンのみなさまにメッセージをお願いします。
 
内田さん:『消滅都市』は、重厚なストーリーが魅力のひとつとなっていますが、サトルも同様に複雑なバックボーンを背負っているキャラです。サトルが考えている自分の使命や背負っている心の傷、過去だけでなく未来、そういったものが重くのしかかっているキャラなので、是非、最後までサトルの物語を見届けていただければ嬉しく思います。今後とも応援をよろしくお願いいたします。
 

▲内田さんがボイスを務めるサトル。

――:本日はありがとうございました。

 
(取材・文 編集部:消滅亭やまはん)



■関連サイト
 

特設サイト



 
■『消滅都市2』
 

App Store

Google Play

Amazonアプリ


(c) Wright Flyer Studios
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 消滅都市Wright Flyer Studios

企業情報(株式会社Wright Flyer Studios)

会社名 株式会社Wright Flyer Studios
URL http://www.wrightflyer.net/
設立 2014年2月
代表者 荒木英士
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事