ミラクルニキ、ニキ、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームアプリ調査記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【中国アプリ特集:1】圧倒的なコンテンツ量と親切丁寧なゲーム...

【中国アプリ特集:1】圧倒的なコンテンツ量と親切丁寧なゲーム設計が魅力!…お着替えRPGアプリ『ミラクルニキ』を紹介

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
最近中国製のアプリゲームが元気だ。

OURPALMが配信している、SNKプレイモアの人気格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS ’98 ULTIMATE MATCH』をモチーフにした『THE KING OF FIGHTERS ’98 ULTIMATE MATCH Online』を始め、先日配信が開始されたたばかりで、早速売り上げランキングに登場しているNetEase Gamesの『陰陽師』や、miHoYoの『崩壊3rd』も中国製のアプリとなっている。

Social Game Infoでは、そんな中国製アプリの人気の秘密を探るべく、中国アプリ特集として短期連載を開始。

連載第一回目となる本稿では、蘇州疊紙网絡科技有限公司が開発、日本ではニキが配信を行っている『ミラクルニキ』のレポートを掲載する。
 
『ミラクルニキ』



ここはマーベル大陸。
ファッションのコーディネイトが物事すべての基準となり、地位も名誉も、戦の行方もコーディネイトバトルで決定するふしぎな世界。

新暦672年。
偉大なるファッションデザイナー・嵯耶王の遺作をめぐる争いが国境都市・ルーアルトにて勃発。
九日に渡って続いたそのコーディネイトバトルは、後に「九日間戦争」と呼ばれる。
遺作のうち2点はカルファ王国の「再生の女神」が手に入れ、薔薇の宝箱が薄紅色の髪の少女のものとなった。

新暦680年。
異世界の少女がこの地に降り立った。
薔薇の宝箱を手に入れた謎の少女と同じ色の髪を持つ少女。
ーー彼女の名は、ニキ。
 
 
 

■「コーデでバトルだ!」…オシャレなファッションアイテムが大量に登場する『ミラクルニキ』とは


『ミラクルニキ』は、『Nikki UP2U: A dressing story』、『ニキの愛されコーデ』、『ニキ日記~世界旅行編~』に続く通称:ニキシリーズの4作目に当たるアプリ。ニキシリーズは、どの作品もオシャレやコーディネイトを主体とする着せ替えアプリとなっており、最新作の『ミラクルニキ』のジャンルは、お着替えRPGアプリとなっている。

異世界からマーベル大陸にやってきてしまった主人公でありプレイヤーの分身キャラクターにあたる「ニキ」。彼女は肉が大好きで結構毒舌なネコ「モモ」とともに、マーベル大陸をコーディネイトバトルを繰り返しながら旅をすることになる。


▲ストーリーはもちろんボイス付き。日本版ではニキ役を花澤香菜さん、モモ役を大谷育江さん、その他超豪華声優陣が登場している。

マーベル大陸では、事あるごとにコーディネイトバトルを申し込まれる。マップの1マス1マスごとに行われるコーディネイトバトルに勝ち、新たなマスを解放、ストーリーを先に進めていく。


▲章を進めるには、章ごとに設定されたミッションをクリアする必要がある。

コーディネイトバトルではバトルごとにテーマが決められている。そのバトルのテーマに沿ったアイテムを身につけさせバトルを行う。バトルは、バトルごとに設定されたテーマのポイントの合計を競う。コーディネイトを決めたらオートバトル、というわけではなく、バトルでは相手への妨害やポイントを高めるスキルを使うことができる。もちろん相手も妨害スキルを使ってくることもあるので、それを阻止すべくタイミングよくスキルを発動するといったことも必要になる。


▲「厳しい視線」や「Xmasプレゼント」、「シンデレラ」といった妨害スキルは、跳ね返すこともできる。

最初のうちはおそらく手持ちのアイテムだけでコーディネイトバトルに勝つことができるだろうが、そのうちに相手も強力になり、様々なアイテムを手に入れる必要が出てくる。衣装アイテムを手に入れるには、「ショップ」での購入、「デザインスタジオ」での「カスタマイズ」、「衣装製作」、「衣装グレードアップ」、「秘密の館」でのガチャ、そして各マスでのバトルに勝つことが主な入手方法となる。



ガール級では、「参考コーデ」として必勝コーデが提示される。ここでアイテムをタップすることで入手方法が書かれており、入手するための手段にワンクリックで飛ぶことができる。


▲ショップで買えるものはとってもシンプル。

先に出てきた「デザインスタジオ」では、「カスタマイズ」、「衣装製作」、「衣装グレードアップ」、そして「分解リメイク」を行うことができる。





「カスタマイズ」は、手持ちのアイテムについて色を変えることが可能。



「衣装製作」ではその名の通り、手持ちのアイテムとデザイン図から新たな衣装を製作することができる。



「衣装グレードアップ」では、手持ちのアイテムを複数使い、さらにグレードアップを行う。



「分解リメイク」では、手持ちのアイテムを分解し製作素材とコインを得たり、製作素材と素材アクセサリーを消費し他のアイテムにリメイクすることができる。



「カスタマイズ」、「衣装製作」で使用する染色材料や布、そしてデザイン図は、「コーデコロッセオ」で獲得できるスターコインで交換することができる。「コーデコロッセオ」では、一定のお題のコーディネイトバトルをプレイヤー同士で行う。



ここではランクが決められており、「コーデコロッセオ」でのコーディネイトバトルに勝利するたびにランクが上がり、毎週月曜日にそのランクやランキングの順位によって、報酬を手に入れることが可能だ。


▲ギルド機能も実装。ギルドでのクエストやショップでしか手に入らないアイテムも!

 

■圧倒的なコンテンツ量に手軽なゲーム性…『ミラクルニキ』の魅力


ここまで『ミラクルニキ』のゲームシステムについて簡単に説明をしてきたが、ここでは本作がなぜ多くのユーザーを惹きつけるのか、著者なりのファーストインプレッションを示したい。

まず、『ミラクルニキ』のジャンルはお着替えRPG。ファッションをテーマとしたゲームとなっている。女性のファッションに対する意欲は並々ならないものであり、様々なテイストのファッションが現実世界でも展開されているが、それは本作においても同じこと。『ミラクルニキ』では現在(2月28日)、ファッションアイテムが2536個実装されている。(現在入手不可なものを含む)きっとプレイヤー自身のお気に入りが1つ、2つ、いいや100、200はざっとあるであろう。また、メインコンテンツとなるコーディネイトバトルでは、感覚的に「ニキ」をコーディネイトし、楽しく遊ぶことが可能であろう。

そして、操作性の手軽さ、親切さが魅力の一つに挙げられる。先述したように、コーディネイトバトルに勝つためには様々なファッションアイテムを手に入れる必要がある。「このステージで勝つためにはこのアイテムが必要で、このアイテムを手に入れるためにはまずコーデコロッセオでスターコインを集めてデザイン図を手に入れて、製作するにはこのアイテムが必要で…」といったように、改めて考えても気の遠くなるような作業が度々必要となる。それが基本的にはワンクリックで行うことができ、さらに各マスのバトルは一度Aランク以上をとってしまえばワンクリックでクリアが可能といったような、とても親切なゲーム設計がされている。

お気に入りの衣装を手に入れるために、ストーリーを先に進めるために。理由はともかくとして、圧倒的なコンテンツ量と、親切丁寧なゲーム設計が魅力なゲーム。それが『ミラクルニキ』という、お着替えRPGアプリだ。


■関連サイト
 

App Store

Google Play


© 2015 Suzhou Nikki Co., Ltd.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事