スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2017】激戦の本選を制したのは『ユウキセキ』...

【SPAJAM2017】激戦の本選を制したのは『ユウキセキ』を開発したチーム「市川電産」に シリコンバレーツアーなど豪華賞品を獲得

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モバイル・コンテンツ・フォーラムは、この日(7月10日)、国内最大級のアプリのハッカソンイベント「SPAJAM 2017」の表彰式を開催した。今回は、7月8~9日の期間、「勇気」をテーマとして行われ、『ユウキセキ』を開発した「市川電産」が最優秀賞を獲得した。唯一の夫婦2人による参加である。賞品として、「シリコンバレースペシャルツアー」や「Tech Shop Tokyo1ヵ月無料利用権」、「木象嵌の盾(箱根町)」、Google Playギフトカードなどが贈呈された。

【関連記事】
本戦出場12チームが「勇気」がテーマのアプリを発表…最優秀賞や優秀賞は明日明らかに
トークセッションをレポート 最優秀賞者が語るシリコンバレーツアーの魅力 AppleやGoogleにプレゼンした経験は大きな成長機会
本選が本日開幕! 各地の予選を勝ち抜いたチームがアプリ開発を競う 今年のテーマは「勇気」


 


【受賞コメント】
2人チームとして取り組んだが、これは意思決定の早さを重視した結果だった。アプリ開発については、2、3回で出ると、徐々にコツが分かってくる。来年以降は、他のチームと一緒にやりたいと思う。
【内容】「助けて」と「助けたい」を橋渡しするアプリ。眼鏡(MEME)に付ける加速度センサーを活用。動きから困っている状況をTwitterなどで発信し、助けを求めることができる。解決すると「ありがとう」とツイートするようになっている。
【講評】プロダクトがきちんと動いたことが大きい。BAKAVIRUSと市川電産がシリコンバレーに持っていってもアメリカ人が納得するという評価が大きかった。モーションを取り込んで動作として認識し、信号を送り、メールや電話を送るという機能が面白く、実用性が一番高かった。2人というチーム構成で作れる限界があったので、開発できる幅を広げるためのチーム編成も必要ではないか。シリコンバレーで頑張ってアピールしてほしい。

 


【村上臣実行委員長総評】
出されたアプリを見ていると、勇気を出せなかった人を救うもの、勇気を出す人を助けるものに分かれたが、後者をポジティブと評価し、重要視した。最優秀賞を受賞した市川電産のプロダクトは、勇気を出そうという人を助けるプロダクトだった。これが市川電産が一歩上に行った要因だった。

また、惜しくも動かなかったアプリがあったが、アプリが動くとどういう状態になるのか、最低限でも動画を撮ってほしかった。ハッカソンの最優秀を取るには動いていることが重要。ヤフーもハッカソンに取り組んでいるが、アイディアだけでなく、キチンと動いていることが重要と考えている。アイディアだけでは1円の価値もなく、世の中に出したこそ意味がある。各地の厳しい予選を勝ち抜いたからこそ作って欲しかったと思う。

あとは、合コンや男性目線の恋愛などを題材にしたものが多かったが、この点についてはセクシャルマイノリティ(性的少数者)への配慮が欲しかったところだ。日本ではOKなことも海外、特にシリコンバレーでは一発でNGとなることもある。海外で展開することが必須になっているからこそ、この視点を持つようにしてほしい。


 
■優秀賞

【チーム名】Rising Sun(山崎翔一、山田卓、藤川慶、市原臣時、平井秀次)

【アプリ名】嫌われAIの命名
【内容】顔見知りから友だちになるまでのプロセスを手助けするアプリ。Tweetの内容をWatsonで分析し、ツッコミを入れたくなるような、ちょっと嫌味なあだ名を自動生成し、「壁」を壊すのを支援する。ソーシャルメディアでシェアすることも可能。7月リリース予定。
【講評】作品の完成度が最も高かった。UIや使いやすさも良かった。テーマの勇気という部分で、切り口は悪くないものの、ちょっと嫌味なあだ名を付けるのはリスクがある。アプリについては少し手を入れることがあるかもしれないが、リリースして世の中の反応を見て良くしてもらいたい。


【チーム名】甘えん坊将軍(杉永 良太、出山 大誌、森松 祐樹、冨山 北斗、長野 恭武)

【アプリ名】なやんTEL
【内容】知らない誰かに電話で、同じ悩みを抱える人と相談できる匿名相談アプリ。個人情報(アップする際は加工される)と悩みの内容を登録すると、同じ悩みを抱えた人とマッチングするので電話できる。知り合いに悩み相談ができない人向けのサービス。
【講評】まず、プレゼン能力の高さを評価した。寸劇で何をやりたいのかがわかった。いろいろな技術を組み合わせて使っていた。褒め言葉として、「技術の無駄遣い」的なところもあり、エンジニアとして評価した。


 
■審査員特別賞

【チーム名】BAKAVIRUS(浅井渉、中園良慶、清水俊之介、河野康隆、小野寺博信)

【アプリ名】reroute
【内容】起業や独立を支援する勇気を与えるアプリ。アプリを起動してAI「ALEX」の質問に答えていくと、事業計画のひな形が自動的に作成できる。嗜好を数値化し、登録していて嗜好の近いメンターとマッチング、電話で相談できる。起業にあってないと答えてくれるなどやめる勇気も。
【講評】シリコンバレーで一番盛り上がりそうなアプリという評価が多かった。プレゼンの部分で少し損していたのが残念だった。



4月から行われたSPAJAM2017はこれで終了となったが、何らかの賞を獲得するには、これまでの審査基準で高いポイントを取っていることに加えて、シリコンバレーなど海外で評価されるかどうかもより重要になってきた印象だ。最優秀賞は、シリコンバレーのTOP企業でプレゼンを行うことになるためだ。シリコンバレーの開発者たちが興味を引くかどうか、そして、村上委員長が指摘したようにセクシャルマイノリティへの配慮もより意識した作りにする必要がありそうだ。

 

公式サイト

 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事