プリパラ、タカラトミーアーツに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームインタビュー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【インタビュー】『アイドルタイムプリパラ』新メインキャストが...

【インタビュー】『アイドルタイムプリパラ』新メインキャストが語るキャラソンミニアルバムの魅力 サマーライブへの意気込みや理想のアイドル像も語る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ


4月からスタートし、1クール目を終えたテレビアニメ『アイドルタイムプリパラ』。新シリーズのメインキャラである「夢川ゆい」(CV:伊達朱里沙さん、写真中央)と「虹色にの」(CV:大地葉さん、写真左)、「幸多みちる」(CV:山田唯菜さん、写真右)がアイドルデビューを果たしたが、7月26日に3人のキャラクターソングを収録したミニアルバムが発売となる。今回、3人に合同インタビューを行い、演じると決まったときの心境や、楽曲の注目ポイント、8月に控えたサマーライブツアーへの意気込みについて話を聞いた。



――:よろしくお願いします。まず、それぞれのキャラクターを演じると決まったときはどういった状況だったんでしょうか。

伊達さん:夢川ゆいちゃんのイラストを観たとき、メルヘンでかわいい子だと思いました。ゆいちゃんを演じると伝えられたときはものすごくびっくりしました。つい「え! ゆいちゃんを私がやるんですか!」とマネージャーさんに再確認したくらいです。私自身、30分アニメのメインキャラを演じるのは今回が初めてでしたから、寝る前も起きた時も「ゆいちゃんを演るんだ」とかみしめていました。すごく嬉しかったです。

1月に行った発表会でも、ゆいちゃんの衣装を着て登場したので覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、役が決まった後、「ゆいちゃんの衣装を着て発表会に出るよ」と言われて、びっくりしました(笑) 私自身、普段はピンクの服すら着ないですし、あのピンクのニーハイソックスも太っていたら履けないと思って、役作りのために必死でダイエットしました(笑)



――:なるほど。大変だったんですね。とても素敵でしたよ。続いて大地さんですが、『プリパラ』はにの役ですよね。

大地さん:はい。私の妹がプリパラをかなり熱心にプレイしていましたから、にの役が決まった時は、嬉しさはひとしおでした。同時にものすごいプレッシャーがかかりました。妹の影響でアニメをみていましたし、アミューズメントゲームでも遊んでいましたので、まさか、こんなことになるとは思いませんでした。

当初は、記念受験の感覚でオーディションを受けるつもりだったのですが、マネージャーさんからは「この役は大地さんしかいない。絶対に受かろうね!」といわれました。そこまでいってもらえるなんてなかなかないですから、「これは頑張らなくては」と思い、とても気合が入ったのをよく覚えています。

すでにアニメやゲームの収録をしていますし、にのちゃんもアイドルとしてデビューしているものの、自分が関わらせてもらっているという実感が未だにあまり湧いていなくて。それくらい私にとっては夢のような話なんです。もしかするとそういう実感が持てるのは、サマーライブになるかもしれませんね。「にの役の大地葉です。よろしくお願いします!」と皆さんにご挨拶して、ライブを行い、にの役で認めていただいたときかもしれません。そういう意味でも、今から本当にライブが楽しみです!



――:いい意味で、ファン目線で冷静で観られている、ということかもしれませんね。山田さんはいかがでしたか。

山田さん:みちるちゃんはオーディション原稿をいただいたとき、とても弱気な子で、私にも通じる部分があると思いました。プリパラチェンジ後は、正反対のキャラになるんですけどね(笑) 決まったとご報告をいただいたときは、嬉しさと驚きでいっぱいでした。同時に長く続いてきた作品に参加することにプレッシャーも感じました。

伊達さん:1クール目は、らぁらとゆい、にのがお話の中心でしたが、2クール目からみちるが登場します。3人での絡みもアフレコ段階であるんですが、まだそこまでは多くはないんです。これからどうなるのか、私たちも楽しみなんです。



――:伊達さんは、らぁら役の茜屋日海夏さんとW主人公として共演されていますが、感想はいかがでしょうか。

伊達さん:はい。ひみちゃん(茜屋さん)は、本当にらぁらみたいな方なんです。笑顔がまぶしくて、優しく包み込んでくれます。人としてすごい方です。

大地さん:本当にそう思います。このシリーズからの新キャラクターですし、すでに長期間にわたって放送していて、できあがった現場の雰囲気に馴染めるのか不安でした。茜屋さんは、そういうのを取り払ってフレンドリーに迎え入れてくれました。嬉しかったです。

伊達さん:プリパラの中心は、ひみちゃんとらぁらなんだと改めて思いました。他のキャストさんも優しくして面白くて、現場ではずっと笑っています。「タッキー」は、三宅健太さんが演じておられるんですが、収録中は笑いをこらえるのが大変です。というのは、台本はあるのですが、9割9分がアドリブなんです。どんなセリフが出てくるのか予想できないんですよね。

大地さん:そうそう。炊飯器に絡めたセリフが多いのですが、「くる!」と構えていても笑いそうになります。台本を超えた面白いセリフを出そうという気概をお持ちで、私も毎回驚いています。

伊達さん:本当に勉強になるよね。より良いものを作りたいという姿勢はほんとうに刺激になります。



――:ここで、ミニアルバムに収録する楽曲についてお聞きしたいのですが、それぞれの歌を歌ってみて難しかったところや聞いてほしいところ、それぞれ聞いてみた感想はありますか。

伊達さん:私の歌う「チクタク・Magicaる・アイドルタイム!」は、「時間」と、アイドルになりたいという「女の子の夢」を言葉遊びを交えて歌詞に反映させています。歌詞では韻も踏んでいますし、2番の終わりの「かんそうっ!」といって間奏に入るところは「天才かよ!」と思いました(笑) 歌詞の「永遠イライト」も「トワ」と「永遠」、「なんじも美しい」というところも「汝」と「何時」をかけていて、センスにあふれています。この曲は、歌詞カードを開いていただくと、「こういう意味があったのか」と気づくところがあるはずです。

大地さん:私は「あっちゃこっちゃゲーム」という曲を歌っています。最初に聞いたとき、元気に溢れていて、スポーティな彼女にぴったりな曲だと思いました。同時に、どこで息をすればいいのかと思いました(笑) レコーディングのディレクションのとき、「曲を書いた僕がいうのも何ですが、この曲はどこで息をするんですか」と言われました。

全員:(笑)

大地さん:楽曲は、アイドルをやることの楽しさや、前向きな気持が最初から最後まであふれています。私自身も、最後まで勢いを重視して歌いました。この曲は、掛け声や合いの手が多く入っています。実は仮歌には違うものが入っていたんです。「喝っ!」などは同じですが、レコーディング当日になって変更になったところがいくつかあります。

例えば、「レッツプレイアイドルタイム!」は仮歌ではありませんでしたし、「プレイボール!」も当初は「レディゴー!」でした。いずれも当日話し合って、ベースボールゲームコーデに合わせて、野球らしいものに変えました。掛け声や合いの手は、ライブでみんなでコールすると楽しいと思いますので、ぜひご協力をお願いします。ライブで酸欠になってしまうかもしれませんが、ここは自分の限界に挑戦し、できるところまではやりたいです!

伊達さん:次は神曲ですね!

山田さん:「GOスト♭コースター」(ごーすとこーすたー)という曲を歌っています。一緒に出演しているキャストさんも気に入ってくれていて、私も聞いたとき、ミステリアスで引き込まれ、なんて素敵な曲だと思いました。本当に神曲です。「知ってるのはゴーストだけ」というサビのフレーズが好きです。また、みちるちゃんの気持ちと、プリパラチェンジした後のミーチルの気持ちを現したような歌詞となっているところも好きです。落ちサビの前のピアノのアレンジも好きなので注目してもらいたいです。

大地さん:聴き応えあるよね、この曲は。



――:CDには、ゆいとらぁらとの歌も収録されますよね。

伊達さん:「ブランニュー・ハピネス!」ですね。らぁらと一緒に歌っている曲ですが、歌詞の中で「ゆめかわ」と「かしこま」を一緒にいうんです…。かわいいなって思いました(笑)

大地さん:この曲はアミューズメントゲームにも収録されているんです。2人プレイの代表曲として、この曲と、ドロシーとレオナの「ツインミラーコンパクト」が収録されています。この曲のダンスがめっちゃかわいいんです。

伊達さん:この曲を歌っているときの衣装「ラビットハートコーデ」も好きなんです。2人だからできる曲です。かわいい曲なんですが、サビで泣きそうになります。フリもカッコイイんです。決めるところを決める曲ですね。盛り上げ曲と見せかけた感動曲なんです。エモくて泣くかもです。

私は内心、ゆいがらぁらとダブル主人公ができるのか不安だったんです。一緒にライブしているところを見て、すごく絵になると思い安心しました。らぁらとゆいのセットは小学6年生バージョンもすごくかわいいですよね。毎回のようにいろいろな服を着ていて、アヒルさんテニスやあらいぐまさんなどなどかわいいんです。衣装のデザインが大変そうだなと思いました。

大地さん: 2人で歌っていることが大事な曲ですよね。

伊達さん:私は12話でのゆいちゃんの成長を見て安心しました。にのを引っ張っていて、背中が大きかったです。ワンクールでこんなに成長するのか、子どもの成長は早いなぁ…と親のような気持ちで見ていました(笑)



――:これからライブやリリースイベントなどがありますが、そのへんの意気込みを。

伊達さん:新しい3人のなかで運動が得意なのは唯菜ちゃん(山田さん)だけなんです。

山田さん:いえ、それほどでは…。ダンスもやったことないですし。

伊達さん:バレー部でしょ? 培ってきた基礎体力が違うよ!

大地さん:私は運動部に入ったこともありません。われは帰宅部ぞ!(笑)

全員:(笑)

伊達さん:先日、「チクタク・Magicaる・アイドルタイム!」のレッスンがあったんですが、踊るだけならまだ大丈夫なのですが、踊りながら歌おうと思ったら、はじめは何も歌えませんでした。Aメロで息切れしちゃう感じで、あと1ヶ月で全力で体力づくりをしたいと思います。

踊りや歌をちゃんとすることも大事ですが、なにより、私自身が笑顔で楽しみ、ファンの方にも楽しんでもらいたいです。ゆいちゃんらしさや勢い、雰囲気を重視したいです。みんなを巻き込んで楽しくしていきたいです。ですから、ダンスがへちょへちょかもしれないですけど、精一杯頑張ります!

大地さん:私はまだフリも入っていませんので、ダンスレッスンも十分にやっていないんです(編集注:収録時点)。キャラクターのダンスの難しさもそうですし、私自身の体力や運動センスのなさが異常なので…。本当に、本当に脚色なしですが、体力測定でずっと学年ビリでした(笑) 持久走もほぼビリでした。足もめちゃくちゃ遅い。できる球技もひとつもない。ボール投げも6m以下でした。握力もたった16Kgしかないし…。だから正直、不安な気持ちもちょっとあります。

伊達さん:そういうふうに見えないのにね。

大地さん:そう、そこが面倒なところなの! パッと見、運動がすごくできそうに見えるらしくて…(笑)。でも学生時代は帰宅部や吹奏楽部でしたので…。期待と危機感で大変なことになっています。伊達ちゃんが話してくれたように、大地葉ではなく、にのとしてステージに上がって、楽しみたいです。ステージをご覧の方にも、にのであることを求めていると思います。ステージを観てくれた方から「にのでしたね」といっていただけるようにしたいです。自分のできるところをやっておこうと思います。やる気と思い入れだけはめっちゃくちゃあります。



――:ご本人は、にのと逆なんですね。

大地さん:そこが難儀で、すごく悩んでいるんです(笑) 頑張ります!


――:山田さんはいかがですか。

山田さん:私はバレー部でしたが、ダンスは全然できないんです。

大地さん:いやいや、期待できますよ。

山田さん:そういうこと言わないで(笑)

伊達さん:でも基礎体力が違いますからね。

山田さん:運動はできても、不器用なんです。

伊達さん:ダンスレッスンの1回目はどうだったの?

山田さん:フリを覚えるのが大変。私個人としても、ライブが初めてなんです。レコーディングもですけど。2人が話したように、皆さんに受け入れていただけるように頑張りたいです。ライブでは、ミーチルとして歌いますが、みちるちゃんも感じてもらえると嬉しいですね。いらした皆さんには最高の夏の思い出にしてもらえるように頑張ります!



――:『アイドルタイムプリパラ』はアイドルアニメですが、皆さんにとっての理想のアイドル像のようなものはありますか。

伊達さん:私はずっと田村ゆかりさんが大好きなんです。子供の頃から歌って踊ることに憧れがあり、私もやってみたいと思っていました。プロフィール蘭にライブDVD鑑賞が趣味と書いていましたが、ライブ見るのがすごく好きなんです。今年はご縁もあって5回くらいライブに出演させていただくのですが、子供の頃になりたかった夢が急に叶うようになりました。中学生の頃の自分に夢が叶ったと伝えたいです。子供の頃の自分に恥じないようにしたいです。

大地さん:私は、アイドルというものは、皆のあこがれであるべきと思っています。アイドルの基準は、山口百恵さんと松田聖子さんなんです。私は実は昭和歌謡が好きで、昭和のアイドルも大好きなんです。百恵さんや聖子さんは、ステージに上がった瞬間、ステージが自分だけのものになるんです! 圧倒的なオーラや存在感があり、自身の世界観もあります。そしてステージ上で絶対にぶれません。お二人は、私の中での最高のアイドルのイメージなんです。

アイドルは自分の中でそういう存在だからこそ、今回、アイドルタイムプリパラに携わることができて光栄ですし、私もちゃんとしたアイドルになりたいという気持ちがあります。ステージの上では、大地葉ではなく、あくまでにのでいたいですし、皆に納得してもらえるステージをお届けするように頑張ります。

山田さん:私は熱心なアイドルファンというわけではないですが、アイドルは、キラキラしていて華やかな存在ですよね。ですけど、裏でちゃんと努力しているアイドルが好きです。天才的な何かを持っているのではなく、努力が見えるアイドル、ですね。

大地さん:わかる!

伊達さん:わかるよ!

山田さん:身近な例ですと、みれい役の芹澤 優さんは本当にアイドルだと思いました。

大地さん:私もそう思います! 芹澤さんは本当にすごいアイドルです。ステージを拝見していると、視線から何から何まで本当に完璧で…。相当な努力がないとできません。プロ意識の高さは尋常じゃないですよね!



――:大地さん、熱いですね。今後、3人で一緒にライブをやる機会もあるかと思うんですが、やはりやりたいとお考えですか?

大地さん:やりたいね!  

伊達さん:でもどんな曲になるんだろうね。

大地さん:そう、そうなの! 3人とも個性が全然違いますから。

伊達さん:ゆいはゆめ可愛い!

大地さん:にのは元気!

山田さん:ミーチルはゴースト!

大地さん:…ですからね。

一同:(笑)

大地さん:個性のバラバラな3人をまとめる曲は難しいと思うのですが、『プリパラ』ではいままでもハチャメチャなキャラたちがソロだけでなく、ユニットでも輝いてきましたから、どうにかしていただけるし、できるのではないかと思っています。

伊達さん:キャスト同士も仲いいですから、ぜひやりたいです。2人と一緒に出られてほんとうに嬉しいです。作品に出演する上で、共演する方と仲良くなれるかどうかは重要なんです。特に『アイドルタイムプリパラ』は長いですからね。心の底から気が合って仲良くできています。仕事だけでなく、プライベートでも遊んでいますので、楽しいです。先日も3人で男プリの話で盛り上がったんです。

大地さん:ずっと盛り上がって話しています。LINEでも話してますから!

伊達さん:3人のLINEの背景が男プリなんです。好きすぎて。3人とも「マジやべえ!!」ばかり言っていて、語彙力がやばいですね(笑)



――:本当に仲がいいんですね。今日はどうもありがとうございました。


 

■「アイドルタイムプリパラ♪ソングコレクション ~ゆめペコ~」

 

【収録内容】
【CD】
01 チクタク・Magicaる・アイドルタイム! ゆい(cv.伊達朱里紗)
02 ブランニュー・ハピネス! ゆい&らぁら(cv.伊達朱里紗&茜屋日海夏)
03 あっちゃこっちゃゲーム にの(cv. 大地 葉)
04 GOスト♭コースター みちる(cv. 山田唯菜)
05 チクタク・Magicaる・アイドルタイム! -inst.-
06 ブランニュー・ハピネス! -inst.-
07 あっちゃこっちゃゲーム -inst.- 
08 GOスト♭コースター -inst.-

【DVD 】プリパラライブ映像 ~ゆめペコ~DXのみ
01 チクタク・Magicaる・アイドルタイム!
02 ブランニュー・ハピネス!
03 あっちゃこっちゃゲーム
04 トライアングル・スター
※DVDに「GOスト♭コースター」は収録されないので注意して欲しい。

【初回特典】
ゆいのトモチケ(ラビットハートラズベリーコーデ)
ジャケットイラストステッカー

【ミニAL(DVD付)】アイドルタイムプリパラ♪ソングコレクション ~ゆめペコ~DX
発売日:2017年7月26日
品番:EYCA-11459
価格:2.300円(税抜)

【ミニAL(CDのみ)】アイドルタイムプリパラ♪ソングコレクション ~ゆめペコ~
発売日:2017年7月26日
品番:EYCA-11459
価格:2,000円(税抜)


 

■ 「アイドル:タイム!!」

 

【収録内容】
1.「アイドル:タイム!!」
2.「アイドル:タイム!! ‐SoLaMi(ハート)Dressing‐ ver.」
3.「アイドル:タイム!! TVサイズ」
4.「アイドル:タイム!! TVサイズ‐SoLaMi(ハート)Dressing‐ ver.」
5.「アイドル:タイム!! マイク連動ver.」
6.「アイドル:タイム!! マイク連動 ‐SoLaMi(ハート)Dressing‐ ver.」
7.「アイドル:タイム!! Inst.」

【初回特典】
らぁらのトモチケ(ラビットハートスカイブルーコーデ)
ジャケットイラストステッカー

【価格】
1200円 (税別)


 

■Blu-ray&DVD 「プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016」

 

【収録内容】
●Ready Smile!!
●SoLaMi♡SMILEメドレー
●DressingPaféメドレー
●君100%人生
●でび&えん☆Reversible-Sing
●アメイジング・キャッスル
●Mon chouchou
●Girls Fantasy
●ヴァーチャデリアイドル♥
●シュガーレス×フレンド ほか、約110分収録予定

【特典映像】
昼公演「SoLaMi♡SMILEメドレー」「DressingPaféメドレー」

【初回特典】
ジャケットイラストステッカー
※収録内容・仕様は変更になる場合がある。

【Blu-ray】
価格:¥5000(税抜) 

【DVD】
価格:¥4000(税抜)

★先行販売決定★
8月6日・20日開催の「アイドルタイムプリパラ サマーライブツアー2017」会場で8月11日発売の「プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016」Blu-ray&DVDの販売が決定した。また、会場限定特典として「ライブブロマイド Lサイズ10枚セット」を先着でプレゼント。


 

■「アイドルタイムプリパラ サマーライブツアー2017」


■日時
東京公演:2017年8月6日(日)
昼の部 【開場】14:00 【開演】15:00
夜の部 【開場】18:00 【開演】19:00

大阪公演:2017年8月20日(日)
昼の部 【開場】13:15 【開演】14:00
夜の部 【開場】16:45 【開演】17:30

■場所
東京公演:豊洲PIT (東京都江東区豊洲6-1-23)
大阪公演:Zepp Osaka Bayside(大阪府大阪市此花区桜島1-1-61)

■出演者
茜屋日海夏(真中らぁら役)/芹澤優(南みれぃ役)/久保田未夢(北条そふぃ役)/山北早紀(東堂シオン役)/澁谷梓希(ドロシー・ウェスト役)/若井友希(レオナ・ウェスト役)
/伊達朱里紗(夢川ゆい役)/大地葉(虹色にの役)/山田唯菜(幸多みちる役)/斎賀みつき(紫京院ひびき役)/赤﨑千夏(ファルル役)※大阪公演のみ/佐藤あずさ(緑風ふわり役)/
田中美海(真中のん役)※東京公演のみ/大森日雅(月川ちり役)※東京公演のみ/山下七海(太陽ペッパー役)※東京公演のみ
/わーすた(坂元葉月、廣川奈々聖、松田美里、小玉梨々華、三品瑠香) 

■チケット価格
チケットは完売

■来場者特典決定
ツアーオリジナルの水着コーデ。
昼公演:サマーフリル らぁらコーデ/夜公演:サマーフリル みれぃコーデ




(c) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ IPP製作委員会
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( プリパラエイベックス・ピクチャーズタカラトミーアーツ

企業情報(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)

会社名 エイベックス・ピクチャーズ株式会社
URL http://avex-pictures.co.jp/
設立 2014年4月
代表者 代表取締役社長 寺島 ヨシキ/代表取締役副社長 勝股 英夫
決算期 3月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

企業情報(株式会社タカラトミーアーツ)

会社名 株式会社タカラトミーアーツ
URL http://www.takaratomy-arts.co.jp/
設立 1988年2月
代表者 宇佐美 博之
決算期 3月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事