ボーンデジタルに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームセミナー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ボーンデジタル、アニメ演出家・監督として活躍する吉田徹氏を迎...

ボーンデジタル、アニメ演出家・監督として活躍する吉田徹氏を迎えてトークイベント「アニメーション 答えて、答えて、答えます!」を4月24日開催!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ボーンデジタルは、4月24日、CGアニメーター、手描きアニメーターのエフェクトのバイブル「吉田流!アニメエフェクト作画」の著者であり、アニメーター、メカデザイナー、アニメ演出家・監督として活躍する吉田徹氏を迎え、トークイベント「アニメーション 答えて、答えて、答えます!」を開催する。


<以下、プレスリリースより>


【トークイベント】
日ごろの素朴な疑問、アニメーション業界のあれこれを聞きに行きましょう。

− 過去に参加したアニメーション作品の制作秘話!
− メカの描き方
− 魅力的なシーンの演出方法
− アニメーターにはどうやったらなれる?

などなど、アニメーションに関する質問・疑問を解決します。

ベテランアニメーター吉田先生が長年の経験、実体験を交え「答えて、答えて、答えます!」


【講師プロフィール】
吉田 徹/Toru Yoshida 氏
アニメーター、メカデザイナー、アニメ演出家・監督。アニメアール所属。現在、小名浜まちづくり市民会議と福島ガイナックス共同製作の「人力戦艦!? 潮風澤風」に監督として参加。
●「装甲騎兵ボトムズ」でメカ作画を担当(1983-4年)
●「装甲騎兵ボトムズ ザ・ラスト・レッドショルダー」で「第2回日本アニメ大賞・アトム賞」OVA部門 最優秀作品賞受賞(1985年)
●「機甲界ガリアン」で初めての作画監督を務める(1984-5年)
●「蒼き流星SPTレイズナー」ではメカ作監を務め、作画用メカニックポーズ集の作成も担当
● メカ作監として、「機動戦士ガンダム0083」「機動戦士ガンダムSEED」など数多くの作品を手がける(1990年代以降)
● その他、「妖怪ウォッチ」「コードギアス」「艦これ」「サイコパス」など数多くの作品に参加
● 書き下ろし原画集「吉田流!アニメエフェクト作画」を刊行(2016年)
 

【対象者】
どなたでも。


【開催概要】
開催日:
2018年4月24日(火)

開催時間:
19:00〜21:00(開場18:45)

参加費:
無料

会場:
ボーンデジタル 6F セミナールーム
東京都千代田区九段南1-5-5 九段サウスサイドスクエア 6F

主催:
株式会社ボーンデジタル


 

詳細と申込み

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ボーンデジタル

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事