万霊啓源、SinceTimes、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 角川ゲームス、中国Sincetimes社との共同開発タイト...

角川ゲームス、中国Sincetimes社との共同開発タイトルとなるスマホ向け和風ファンタジーRPG『万霊啓源』を発表! 年内に中国βテストを予定 日本サービスも検討

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

角川ゲームスは、本日(4月26日)、北京華清飛揚網絡(Sincetimes社)との共同開発タイトルとなるiOS/Android向け和風ファンタジーRPG『万霊啓源』(ばんれいけいげん:全ての生き物に宿る魂達の、始まりの物語)を発表した。

本作では、日本国内で600万DLとなる『戦艦帝国』の開発実績を持つSincetimes社が、ゲーム企画・デザイン・プログラムなどのアプリ開発業務を担当。角川ゲームスが、原作となるシナリオ、ビジュアル、サウンド、コミックモーションなどの世界観の制作を担当し、2019年の中国βテストサービス開始を目指して開発を進めており、先駆けて5月1日に中国広州で開催される広州アニメ・ゲーム展覧会(广州萤火虫动漫游戏嘉年华展会)へ出展する。また、日本においても本ゲームのサービスを検討しているという。

■概要
『万霊啓源』は、平安時代の和を基調としたビジュアルに、蒸気と真鍮を要した文明によって広がる独自の世界観で、この国に迫る大きな災い“禍月”と、神使と呼ばれる動物を擬人化した少女達の闘いを描く。主人公は現世から舞い降りた式神師の末裔。式神術によって、多種多用な神使達を召還する。動物の特徴をもった個性的な神使達とは、戦い以外にも交流や邸宅での生活を楽しむことができる。



■物語
時は1190年、魔都キョウトを壊滅に追い込む大厄災“禍月”が迫る末法の世。これに対抗するは、式神師の血を引く、現世から来た主人公(プレイヤー)。古来より厄災から人を護りし、神使と呼ばれる動物の化身「神使少女」を召還し、迫る危機を迎え撃つ。この物語は平安の歴史に記されなかった、可憐な少女達の壮絶な戦いの記録である。





■神使
神使(しんし)は、神の使者、神の眷族で神意を代行して現世と接触する者と考えられる特定の動物。その対象となる動物は哺乳類から、鳥類・爬虫類、想像上の生物まで幅広いく、本作では多くの神使が可憐な少女の姿で召還され、神使少女として主となるプレイヤーの指示のもと、世界に押し寄せる闇と対峙していきます。


▲山羊の神使


▲蟹の神使


▲蛙の神使


▲栗鼠の神使


▲蝸牛の神使


▲狸の神使

■原作制作スタッフ
シナリオは『天華百剣』を担当したセブンデイズウォー。和風スチームの背景ビジュアルコンセプトは株式会社『草薙』が制作。メインキャラクターデザインに、いとうのいぢ/藤真拓哉/ぽよよん♥ろっく/みやま零(五十音順) が参加し、魅力的な神使少女を描く。その他、国内の数多くのクリエイター、豪華声優陣によって制作が進められている。


©SINCETIMES
原作/KADOKAWA GAMES
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 角川ゲームスSinceTimes万霊啓源

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事