ポノスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】★スマホesports★戦の時間だバカ野郎! 第20...

【連載】★スマホesports★戦の時間だバカ野郎! 第20戦「クラロワリーグに参戦するぞー!」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


お疲れ様です。板垣です。

だいぶ間が空いちゃいましたね、すいません。(祝20回!!)

まずは、直近のチームポノスの大会結果を共有させてください。

FINAL ROUND 2018にて、

・BB部門でガリレオ氏が優勝!
・DBFZ部門でもけ氏が7位!ガリレオ氏が13位!
・ストV部門でもけ氏が13位!


という結果でした。

応援ありがとうございました!

お陰様で、コンスタントに上位に食い込んでおります。ありがたいです。

さてさて、表題の件ですが、この度公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ」に参戦することになったので、その辺りの流れというか、方向性などをメモしておこうかなと。


 
● クラロワリーグに参戦

2年位前に、こんな記事を書いたことがありました(今思えば、なんて偉そうな記事なんだろう…)。

その時に「サッカーや野球のように、定常的なリーグ戦が行えるような規模まで持っていけると良いな」なんて書いてしまいましたが、その時の妄想がついに現実に!!

https://clashroyale.com/ja/blog/news/clash_royale_league

そして、今までのプロゲーマー活動の甲斐もあり、Supercellさんからお声がけいただき、今回クラロワリーグにチームとして参戦させていただけることになりました。ありがたい話です。

いやぁ、なかなか感慨深いですね

それにしてもすごい規模でビックリです。
 


 
● ゲームを作ることと、リーグ参戦の親和性

他社のゲームのリーグに参加して、意味あるの?? 」

たまに、そんな話を聞かれることがあります。

確かに、ぱっと見はそうかもしれませんが、広報活動の一環でやっているので、長い目で見るともちろん意味があります。

では、どういう意味があるのか?

そもそも、我々の目指す方向として「ゲームが上手いことに価値がある、ということを証明したい」という思いがあります。

ただ、今はまだ、ゲームをやっていると「いつまでゲームなんてやってるの?」と言われる世の中です。

我々は、ゲームを作っている会社なので、少しでもそういう世の中を改善し、もっと良い業界にしていきたいと考えています。

そしてそれを達成するには、自社だけで解決出来る問題ではないので、競合かどうかは関係なく、業界全体が協力しあう必要があります。

だからこそ、今回のクラロワリーグはとても良い試みです。

「ゲームなんか」ではなく、「ゲーム頑張れ!」という世界になり得るチャンスだと思うので、一緒に盛り上げていきたいです。

そうなれば、結果的に、我々が作っているモノも報われていくだろうと、その辺が狙いですね。


 
● PONOS Sportsの方向性

そういえば、方向性周りのことを喋った動画が公開されてたので、貼っておきます。
[※注]だいぶユルいです。
 


【ゲームが上手いことに価値を】
我々は、ゲーマーの地位向上を目指します。ゲームが上手いことには価値があるということを、チームを通して世間に伝えていきます。

【ゲームが本職でない人も】
我々は、ゲーム以外のことが本職の人達を、選手としてバックアップする覚悟が出来ています。例えば学生さんの場合は、学業を疎かにしないで欲しいですし、社会人の場合は、今後の未来を一緒に考える準備が出来ています。

【共に成長】
我々は、生まれたばかりのチームです。チームと選手が一丸となって、一緒に考えながら成長出来る体制にします。

【最後まで諦めない】
我々は、立ち位置的に、どうみても挑戦者です。だから、どんなに格好悪くても、投げ出さず、本気で最後までやり抜きます。

【エンターテイメント】
それでも、我々は、この状況を楽しみます。自分達も楽しみながら、皆様に楽しんでもらえるチームを目指します。

【皆から愛されるチームへ】
そして、我々は、皆様から応援してもらえるチームを目指します。きっと、世界は愛に満ちていると、信じています。


 
● 自分で遊ぶだけじゃなく、見て応援する楽しみを

あと、見るだけでも楽しい文化を作っていけたらな、と考えています。esportsとして考えると、見て楽しいかどうかが大事だと思っていて。

リーグ化することで、自分で遊ぶだけでなく、試合を観戦する楽しみが出てきますよね。さらに発展すると、攻略の為に試合が見たいというより「戦っている選手の活躍が見たい」という軸での楽しみが増えてくるかもしれません。

いわゆる、サッカーや野球のスポーツと同じで、選手のバックボーンがあって、そのストーリーに共感して、選手を応援したくなるような。こうなってくると、「ゲーム自体はやらないけど、定期的に観戦だけはしてる」という人も出てくるかもしれません。

ここまで来たら、それはもう完全にスポーツ観戦ですよね。クラロワリーグは、そのポテンシャルがあると思うので、なんとか盛り上げていきたいと思ってます。


 
● 新作「ファイトクラブ」も、よろしくお願いします

ついででアレですが、仕込んでたゲームのリリースが迫ってきました。スマホでのesports的な体験が楽しいタイトルになっています!

 
公式twitterは「コチラ


 
【過去記事アーカイブ】

第19戦「ゲームのプロライセンスに関して」
第18戦「CanadaCup2017を通して、思ったこと」
第17戦「東京ゲームショウ2017に行って思ったこと」
第16戦「プロゲーマーのセカンドキャリアに関して」
第15戦「フランスのESWCに参加してきた!」
第14戦「社内でガチの大会やってみたら、どうなるか?」
第13戦「esportsの、本質的な価値って何だろう」
第12戦「プロゲーマーに関して」
第11戦「闘会議2017に行ってきた」
第10戦「e-sportsの賞金大会に関する謎!!」
第9戦「G-Starに行ってきた。~韓国はe-sports先進国~」
第8戦「Nintendo Switchが賛否両論な件」
第7戦「今更だけど、東京ゲームショウに行った時の話」
第6戦「テクノスポーツを体験してきました!」
第5戦「e-sports大会のRAGEに行ってきた!」
第4戦「ポケモンGOをe-sports化したらどうなる?」
第3戦「ゲーム内に大会機能を同梱するのは、e-sports化の近道??」
第2戦「『にゃんこ大戦争』を、もしe-sports化しようとしたら、どうなる??」
第1戦「『クラッシュ・ロワイヤル』はe-sportsタイトルとなりえるのか?」


 
● 「チャンネル登録」よろしくお願いします!

更新頻度が変わりました!
 



 

著者
板垣護
ポノス株式会社、e-sports事業の総括。 兼、ヤルキマントッキーズ合同会社、CEO。
最近の一言
「今年は、ストVも、DBZFも、クラロワも、世界一になるぞー!」
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ヤルキマントッキーズポノス

企業情報(ポノス株式会社)

会社名 ポノス株式会社
URL http://www.ponos.co.jp/pc/
設立 1990年12月
代表者 辻子禮子、辻子依旦
決算期 11月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事