Swrve、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【Swrve調査】世界のゲームアプリの課金率1.5% 月間課...

【Swrve調査】世界のゲームアプリの課金率1.5% 月間課金額1,600円 ヘビーユーザーは全体の0.15%

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
米国モバイルアプリのマーケティング会社Swrveは、2月26日、モバイルゲーム市場の動向をまとめた最新レポート「THE SWRVE MONETIZATION REPORT」を公開した。

「THE SWRVE MONETIZATION REPORT」は、モバイルゲームで主流のフリーミアムモデル・アプリ内課金のビジネスモデルに注目したレポートだ。
<以下の各数値は、2014年1月時点のものとする。>
 

同レポートによると、フリーミアムモデルのゲームをプレイするアクティブユーザーのうち、課金率は1.5%、課金者1人当たりの月間課金額は15.27ドル(約1,600円)で、全ユーザーでみると、アプリ内課金の平均額は5.01ドル(約500円)。これより、フリーミアムモデルのゲームをプレイするユーザーのほとんどが無課金者であることがわかった。

さらに、課金者の課金率の詳細をみると、1回目の課金率は48.8%となった。
上図より、課金者のうち継続的に5回以上課金する人はヘビーユーザーとなり、フリーミアムモデルのゲームへ中毒性が高いといえる。 

また、課金アイテムの詳細をみると、ユーザーが購入する課金アイテムは、1〜5ドル(約100〜500円)が全体の66.8%、51ドル(約5,200円)以上が全体の0.7%。また、アプリの売上では、1〜5ドル(約100〜500円)が全体の27.4%、51ドル(約5,200円)以上が全体の9.1%。
 
つまり、小額の課金アイテムは購入数が多いものの、1課金アイテム自体が小額であるため、売上への貢献は購入数の割に小さいが、高額の課金アイテムでは購入数が少ないものの、1課金アイテム自体が高額であるため、売上への貢献は購入数の割に大きいという結果となった。
 
一方、アプリの売上をユーザーベースでみると、アプリの売上のうち50%が、全ユーザーの0.15%で課金者の10%にあたるヘビーユーザーによるものであった。
 
また、新規ユーザーは、全ユーザーのうち約53%であった。新規ユーザーの場合、アプリ開始から23.97時間以内に初めて課金し、その後14日以内に53%が再度課金することがわかった。
なお、新規ユーザーで課金した人の多くが、初課金から1時間40分後に再度課金をしている。また、新規ユーザーの課金者のうち13.7%が、新規登録から14日間以内に課金アイテムを4回購入している。


 

関連サイト

 
 
 
(C)Swrve
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事