Epic Gamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Epic Games、収益88%をデベロッパの取り分とする『...

Epic Games、収益88%をデベロッパの取り分とする『Epic Gamesストア』をローンチへ 2019年以降にはAndroidにも対応へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Epic Gamesは、現地時間の12月4日、PCゲームプラットフォーム「Epic Gamesストア」のローンチすると発表した。2019年以降にはAndroidやその他のオープンプラットフォームのゲームにも対応していく。

同プラットフォームの特徴として、どのデベロッパに対しても一律88%の取り分としていることとなる。収益の88%はデベロッパの取り分となり、タイトルの規模や販売本数による条件の変動は一切ないという。Epic Gamesは残りの12%が取り分となる。さらに、Unreal Engineを利用のデベロッパは、Unreal Engineの使用料5%のロイヤリティにつき、Epic Gamesストアを経由した売上に関しては、Epicの12%の中から賄うとのこと。もちろん、どのエンジンで開発したゲームでも配信可能となる。
 
 

またプレイヤーとの直接的な交流にも重きを置いている。具体的にはEpic Gamesストアで皆様のゲームを購入したユーザーは、自動的に皆様のニュースフィードに登録する。このため、ゲームのアップデートや将来のリリースに関するニュースといった形でユーザーと接触できる。このことはニュースフィードが中心的な役割を果たすとしている。ユーザーがメールの受信を許可した場合、メールを用いたプレイヤーへの連絡もできるようだ。

なお自社のゲームページとニュースフィードは、デベロッパ自身で管理が可能となる。ストアに広告を設置したり、競合ゲームのクロスマーケティングが起こることもないという。検索結果の有料広告もなくシンプルな作りとしている。

さらなる情報の公開は12月6日に開催される「The Game Awards」で公開するという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Epic Games

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事