ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > DeNA、IQVIAと製薬企業向けPF「Genome Wid...

DeNA、IQVIAと製薬企業向けPF「Genome Wide Study Platform」で協業 疾患に関連する遺伝子の統計情報などをデータベース化

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、子会社DeNAライフサイエンスがライフサイエンスの事業最適化を支援するIQVIAジャパングループと、疾患に関連する遺伝子の統計情報や疾患・体質・生活習慣などのアンケート情報の関連解析結果をデータベース化し、医薬品の有効性・安全性検証や創薬研究に利活用することを目的とした製薬企業向けプラットフォーム「Genome Wide Study Platform」における協業を2020年12月より開始した。

今回の取り組みは、一般向け遺伝子検査サービス「MYCODE」の利用者のうち、研究参加を同意した方の統計データを保有する「MYCODE Research」において、遺伝情報と疾患・体質・生活習慣などのユーザーアンケートの関連解析結果(統計データ)をデータベース化し、IQVIAが構築するプラットフォーム「Genome Wide Study Platform」において当該データベースが閲覧・利活用可能になるというもの。例えば、特定の疾患や体質に関連する遺伝子型や、遺伝子型と生活習慣の関連などを横断的に解析したデータとなる。

製薬企業は、このプラットフォーム内の各種データを閲覧・利活用することにより、ゲノム統計データに基づく創薬研究及び開発における新たな仮説創出や検証が可能となる。さらに、本サービスにIQVIAが保有する幅広い医療データやソリューションが加わることで、診断と治療におけるメカニズムの解明や臨床データの補強が支持され、医薬品の有効性・安全性のさらなる精緻化を図ることができる。また、創薬に遺伝子データを活用できれば臨床試験(治験)の期間短縮や対象疾患の探索に役立つ可能性が期待できる。

また、製薬企業側で独自に着目している疾患や体質を対象とした遺伝子関連解析を実施して得られた統計データが閲覧・利活用可能になるなど、個別の要望に応じて「MYCODE Research」から新たな関連解析データを抽出・提供することも予定しており、製薬企業各社様にとって有意義なデータを継続的に、かつ速やかに取得できるプラットフォームの構築を目指していく。

なお、この取り組みには特定の個人を識別可能な情報は含まれず、個人と紐づかない統計データのみが対象となっている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事