ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(5/10)】gumiが反発して高値を更新 決...

【ゲーム株概況(5/10)】gumiが反発して高値を更新 決算発表組はコロプラが買われ、東京通信とDeNAは大幅反落と明暗分かれる 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
5月10日の東京株式市場では、日経平均は3日続伸し、前日比160.52円高の2万9518.34円で取引を終えた。4月の米雇用統計が市場予想を大幅に下回ったことで、米国の金融緩和策が継続されるとの見方から朝方買いが先行した。ただ、国内での新型コロナウイルスの感染拡大が引き続き懸念材料となり、次第に上げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、gumi<3903>が反発して年初来高値を更新したほか、ボルテージ<3639>やコロプラ<3668>、モブキャストHD<3664>などが買われた。コロプラは前週末に発表した第2四半期決算において、QonQでの業績回復傾向が見受けられたことが評価材料となっているようだ。

また、大手ゲーム株では任天堂<7974>とコナミHD<9766>が高い。任天堂は、エース証券が投資判断「強気」を継続し、目標株価を7万8000円から8万2000円に引き上げたことも市場から好感されているもよう。

半面、決算発表関連では、東京通信<7359>とDeNA<2432>がともに4日ぶりの大幅反落となった。DeNAは、2022年3月期の業績予想を非開示としたものの、営業減益となる見込みとしていることが売り材料となったようだ。

ほか、エイチーム<3662>の下げがきつく、Aiming<3911>やモバイルファクトリー<3912>などもさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)コロプラ

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL https://colopl.page.link/Am8B
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3668

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事