パズル&ドラゴンズ(パズドラ)、ガンホーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホーの『パズル&ドラゴンズ』がトップセールス首位を堅持…...

ガンホーの『パズル&ドラゴンズ』がトップセールス首位を堅持…「ドリランド」が月初効果で上昇も及ばず

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

「App Store」トップセールスランキングでは、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の『パズル&ドラゴンズ』の強さが際立っている。「月初効果」もあって、「GREE」や「Mobage」系のソーシャルゲームが相次いで順位を上げたものの、依然として『パズル&ドラゴンズ』がトップの座を堅持しているのだ。これまでは月初となる度に「探検ドリランド」が首位を獲得していたのだが、今月はとうとう取れなくなった。

「GREE」や「Mobage」系のソーシャルゲームでは、グリー<3632>の「探検ドリランド」が2位となったのをはじめ、「釣りスタ」が3位、バンダイナムコゲームスの「ガンダムロワイヤル」が9位、「聖戦ケルベロス」が17位、「海賊王国コロンブス」が19位などとなっている。目立つのはグリー系のアプリだが、「農園ホッコリーナ」や「大熱狂!!プロ野球カード」など「Mobage」系のアプリもランクを上げている。

このほか、「ダークサマナー」(4位)や「不良道~ギャングロード~」(5位)、「関ヶ原演義」(7位)、「真・戦国バスター」(8位)なども引き続き堅調だ。ポケラボやコロプラの新作もじわじわと順位を上げている。

かつてソーシャルゲームプラットフォームに連携しないソーシャルゲームアプリは顧客基盤がないため、不利と見られていたものだが、「カイブツクロニクル」の成功と追随するタイトルが続々とヒットして以来、この見方が大きく変わった。最近では「GREE」や「Mobage」で提供していたソーシャルゲームを両プラットフォームに連携させないで提供する事例は珍しくなくなっている。

グリーでは今後、「GREE」に簡易認証を導入する予定。当サイトでは、この対応については現在の流れに大きなインパクトをもたらす可能性があるとみている。グリーの簡易認証の導入時期や、各アプリプロバイダーの動向には引き続き注視していきたい。

 

 

■ 『パズル&ドラゴンズ』関連サイト

公式サイト

「パズル&ドラゴンズ」ダウンロード

 

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( パズル&ドラゴンズ(パズドラ)ガンホーガンホー・オンライン・エンターテイメント

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事