グリーと高知県、ソーシャルゲーム企画コンテスト入賞作品第5弾『召喚紀クロスファンタジア』の事前登録を開始…10月下旬よりサービス開始


​グリー<3632>と高知県は、2013年10月下旬よりプラットフォーム「GREE」上において、カードバトルゲーム『召喚紀クロスファンタジア』をスマートフォン、フィーチャーフォン向けに提供開始することを決定した。なお、10月11日より事前登録を開始し、登録されたユーザーを対象にゲーム内で使えるSレアカードを付与するキャンペーンも実施。

『召喚紀クロスファンタジア』は、「平成24年度高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト(※)」の入賞作品を高知県のデベロッパーがソーシャルゲーム化したもの。高知県では県内経済の活性化を図るため、今後の成長が期待されるソーシャルゲーム産業の創出を積極的に支援しており、企画コンテストはその活動の一環となる。

※「平成24年度高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト」とは、高知県と四国銀行、高知銀行により設立された「高知コンテンツビジネス創出育成協議会」が主催している企画コンテスト。入賞作品は、現在ゲーム業界の第一線で活躍している方達の審査によって選ばれている。

今回はコンテスト入選作品のゲーム化第5弾目のタイトルとなり、ソーシャルゲーム化にあたっては、第2弾タイトル『新龍紀ギルドファンタジア』を手がけた高知電子計算センターおよび高知システムズが担当。

本作のゲーム概要は、魔導世界“アルフレア”を舞台に描くファンタジーカードバトルゲームである。ユーザーは “召喚士”となって、“アルフレア”に潜む闇に召喚された魔獣と戦うほか、親しい友達やゲーム上で出会った仲間とギルド(グループ)を結成し、ギルド同士で戦うリアルタイムバトル“クロスバトル”に挑んでいく。

自軍バトルフィールド属性効果を利用した戦略や、相手バトルフィールド属性の裏をかく攻撃戦略など、刻一刻と変化する戦況を、仲間とコミュニケーションを取りながら判断していくことになる。

 
 


グリーと高知県は、今後もソーシャルゲーム産業の創出・育成に協働で取り組み、地方の雇用創出・産業の活性化を通じて日本の経済発展に貢献していくとのことだ。最後に制作者からのメッセージを掲載。


■ 制作者からのメッセージ
『召喚紀クロスファンタジア』は、「高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト」入賞作品から生まれたファンタジーカードバトルゲームです。仲間と協力し戦う楽しさを感じていただけるよう、斬新なリアルタイムバトルシステムを搭載しました。戦術を判断・駆使し、ギルドをより強いものに導く“参謀・軍師”などといったキープレイヤーが現れることを期待しています。高知県の地場産業として、ソーシャルゲーム産業が根付くよう頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いします。


■ 関連サイト

事前登録サイト

「高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト」ホームページ


(c)KCC
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る