バンダイナムコゲームス、3D武器格闘ゲームの最高峰『ソウルキャリバー』をAndroid端末向けに配信開始

バンダイナムコゲームスは、本日(11月21日)、1998年にアーケードゲームに登場後、多くのユーザーから高い評価を得た3D武器格闘ゲーム『ソウルキャリバー』を、Android端末向けに配信開始した。


■当時のキャラクターが総出演!
本作には、キリクやシャンファ、アイヴィーなど当時のキャラクター総勢19名が出演。また、アーケード版が楽しめる「ARCADE BATTLE」では、全ての敵を倒すとエンディングを迎えることができる。

そのほか、ゲームクリアの早さを競う「TIME ATTACK」、限られた体力で勝ち抜き人数を競う「SURVIVAL」を含む6種類のモードを収録。これらのモードは今後も追加を検討しているとのことだ。


■華麗なグラフィック
『ソウルキャリバー』は、より鮮やな美しいグラフィックを実現。またタブレット端末では、大きなスクリーンをフルに使った迫力あるグラフィックを描画。当時よりもさらに美しく再現されたキャラクターやステージを楽しめる。



■当時の操作方法をバーチャルパッドで再現 8WAY-RUN も健在
画面の手前や奥、左右など、方向ボタンを使用してあらゆる方向へ大きく移動できるシステム「8WAY-RUN」は、スマートフォンでも健在だ。また、キャラクターはそれぞれ個性豊かな特殊技を持っている。当時は暗記していた特殊技のコマンドを忘れてしまった方も、本作で初めて『ソウルキャリバー』をプレイする方も、ゲーム内にあるコマンド表で確認し、特殊技を覚えて実践してみよう。
 





■Android版の配信を記念して、セールを実施!
Android版の配信を記念して、配信開始後2週間(12月5日まで)、アプリを特別価格にてセール販売。また、すでにリリースしているiOS版も同様にセールを実施。

【特別価格】
価格:1500円→700円


■関連サイト

Android版ダウンロード

iOS版ダウンロード


©1998 1999 NAMCO BANDAI Games Inc.








 
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る