コーエーテクモゲームス、名作タクティカルSLG『三國志戦記』をiOSアプリとして本日リリース! 

コーエーテクモゲームスは、本日(12月16日)、iOS向けタクティカルシミュレーションゲームアプリ『三國志戦記』をリリースしたことを明らかにした。今後、Androidアプリ版も今冬提供される予定。

『三國志戦記』は、戦場における軍師の活躍にスポットをあてたタクティカルシミュレーションゲームとして2002年に発売され大ヒットを記録した。プレイヤーは、劉備、曹操、孫策いずれかの英傑を君主として選び、天下統一を目指す。綿密に立てた計略が大成功した時の爽快感や、不利な状況を瞬時に覆す一発逆転の醍醐味が支持され、マルチエンディングや史実にはないifシナリオも大きな話題になった。

本作は、iOSアプリ版として、タッチパネルに対応するとともに、新アイテム「兵法書」、新ルールが導入された。『三國志戦記』を体験したことのない人はもちろん、これまでのシリーズをプレイした人にも楽しめる作品に仕上がっている。 

なお、価格は「劉備編」、「曹操編」、「孫策編」の前後編各300円、全ストーリー一括購入はお得な1600円となる。また、各ストーリーの序盤となるシナリオ 1-2は無料で配信している。これ以外にも課金アイテムも有料で提供される予定だ。 







ゲームの特徴とアップデート計画は以下のとおり(リリースからの抜粋)。

■ゲームの特徴

1.敵軍に大ダメージを与える戦法連鎖!
各武将が持つ「突撃」、「伏兵」、「火計」といった戦法を巧妙に仕掛けろ! タイミング良く発動させることで次々に連鎖が起こり、敵軍に大ダメージを与えることが可能。戦法の組み合わせにより数えきれないほどの戦法連鎖を発動させ、自分ならではのオリジナルコンボを編み出そう!不利な状況を瞬時に覆す一発逆転の醍醐味と連鎖を重ねるにつれ派手さを増す演出が、計略が大成功したときの爽快感を高める!

2.ifシナリオにも展開するドラマティックなストーリー!
シナリオは劉備編・曹操編・孫策編の3 本。それぞれの視点で「三国志演義」に沿ったストーリーが展開、ドラマティックな名場面が美麗なムービーで描き出されます。また、プレイヤーの決断によってストーリーは様々に分岐し、エンディングも多彩に変化! さらに、三国志ファンなら誰もが想像を膨らませた、「曹操が赤壁で勝利していたら…」「呂布が生き長らえていたら…」など、史実の一歩先の歴史if も盛り込まれています。※ストーリーはシナリオ2まで無料で遊ぶことが出来ます。

3.勝利のカギを握る軍師の活躍!
本作は戦闘中における軍師の役割をクローズアップ。敵の作戦を覆し戦局を一変させる「秘策」、敵の動きを封じ決定的な戦法連鎖を生み出す「連環」など、軍師だけが実行可能なコマンドを戦法連鎖と組み合わせることでより深みのある戦術を実現! また、武将の登用、外交、密偵の派遣など、戦略要素も充実しています。

4.タッチパネルでの直感的な操作!
戦闘における軍団の配置や移動はすべてタッチ操作。初めての方でもタッチパネルで簡単に楽しめます。また、オプションルールとして「行動順自由制」が選択可能。戦闘中、部隊の行動順をプレイヤーが自由に決められるモードで、大連鎖を手軽に組むことができます。

5.新装備アイテム「兵法書」セット(課金アイテム)
通常のプレイでは入手不可な新装備アイテム「兵法書」全31種類を入手する事が出来ます。「兵法書」は、「戦法」と同じ数だけ用意されており、武将に装備させると、兵法書に対応する「戦法」が使用できるようになります。



■今後の拡張要素

◆『真・三國無双7』キャラクターモデルでプレイ可能!(課金アイテム)
ゲーム中に登場する武将のうち『真・三國無双7』で無双武将として登場する人物の容姿を、『真・三國無双7』のキャラクターモデルに差替えることが可能です。

◆新武将の作成機能(課金アイテム)
新武将を作成して、ゲーム中に登場させることが出来ます。設定可能な項目は、名前、容姿、能力、戦法の4種類で、容姿は用意された武将モデルからタイプと色を選択します。



■関連サイト

アプリダウンロード

公式サイト




©2002-2013 コーエーテクモゲームス All rights reserved
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る