ガンホー、「第2回パズドラジャパンカップ」で使用するアプリ『パズドラチャレンジ』の配信を期間限定で再開



ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、本日(3月10日)、『パズル&ドラゴンズ』のスピンアウトアプリ『パズドラチャレンジ』をバージョンアップして配信再開すると発表した。5月26日までの期間限定となる。アプリは無料でダウンロードすることができる。

『パズドラチャレンジ』は、『パズル&ドラゴンズ』の世界観やプレイ感はそのままに、本編とは一味違うミニゲームにチャレンジできるゲームアプリ。固定のチーム編成で、制限時間のついたダンジョンに、より高いスコアを狙って挑戦する。スコアは、クリアタイムやコンボ数などによってクリア時に算出される。

今回は、『パズル&ドラゴンズ』のタイムアタック日本一を決める大会「第2回パズドラジャパンカップ」の競技で使用する「第2回パズドラジャパンカップ」ダンジョンを追加した。

「第2回パズドラジャパンカップ」のチーム編成は、リーダー枠とフレンド枠のどちらにも「白光炎隼神・ホルス」が設定されている。「白光炎隼神・ホルス」は4属性以上同時攻撃で攻撃力が上がり、5属性同時攻撃で、最大5倍になる「炎隼瞬光撃」というリーダースキルを持つ。かけ合わせが可能なスキルなため、最大で通常の25倍の攻撃を仕掛けることができる。高得点を狙うには、このリーダースキルを最大限活用すべく4~5属性のドロップを同時に消していくことが重要となる。

 




■「第2回パズドラジャパンカップ」全国7都市で地区予選大会開催!



5月25日に開催される「パズドラファン感謝祭」で『パズル&ドラゴンズ』の日本No.1プレイヤーを決める「第2回パズドラジャパンカップ」が行われる。それに先立ち、3月29日より全国7都市で地区予選大会が行われるが、各予選大会への参加者を募集しているとのこと。

大会に出場し、各地区予選で優勝または準優勝すると、なんと東京ビッグサイトで開催される「第2回パズドラジャパンカップ」決勝戦に招待される。また、優勝すると「大会記念メダル」、優勝および準優勝した両名には好きなキャラクターで作成するオリジナルデザインの「パズドラ名刺」など豪華賞品をプレゼント。さらに、予選大会に参加すると、参加賞として「大会記念オリジナル缶バッヂ」をプレゼントする。

このほか、3月30日からは全国7都市でニンテンドー3DS専用ソフト『パズドラZ』の日本No.1プレイヤーを決める「パズドラZ ドラゴンコロシアムカップ」の地区予選大会も行われる。こちらも現在参加者を募集中だ。
募ください。

なお、地区予選大会第1回目となる九州地区大会へのWEBエントリーの締め切りは、「第2回パズドラジャパンカップ」、「パズドラZ ドラゴンコロシアムカップ」の両大会とも3月18日17:00までとなっている。




■『パズドラチャレンジ』

Android版

iOSアプリ版

Amazonアプリストア版

パズドラジャパンカップ



(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る