ネクソンコリア、中国テンセントと契約し、PC向けオンラインゲーム『メイプルストーリー2』を中国で配信へ

ネクソン<3659>の連結子会社NEXON Korea Corporation(ネクソンコリア)は、中国Tencent Holdings Ltd.(テンセント)と、『メイプルストーリー2』を中国でサービスする契約を締結したと発表した。

『メイプルストーリー2』は、ネクソンコリアが開発を手がけ、今年7月に韓国で配信開始したMMORPG。日本でも大人気のMMORPGである『メイプルストーリー』の続編に当たる。可愛らしい3Dグラフィックに加え、ユーザー自身が直接ゲーム内のコンテンツを作成することができるユーザー制作コンテンツなど独自性の高いゲーム性が特徴であり、壮大な冒険や派手な戦闘アクションなども楽しめる。

また、本作は韓国内で2015年内に配信開始したPCオンラインゲームの中で、最も高い人気と作品性を認められ、同年11月に「2015年 大韓民国ゲーム大賞」にて「最優秀賞」及び「技術創作賞(キャラクター部門)」を受賞している。日本における本作の配信予定は現時点では未定となっている。

<以下、プレスリリースより>

今回の契約締結に際し、ネクソンコリアの代表取締役社長であるパク・ジウォンは、次のように述べております。「テンセントとは、この7年の間、『アラド戦記』におけるサービスを通じてパートナーシップを強固に構築しており、『メイプルストーリー2』へも期待をしております。両社間の緊密な協業により、安定的なサービスを提供できるよう努力してまいります。」

また、テンセントのシニア・ヴァイス・プレジデントである馬 曉鉄(マ・シャオイ)氏は、次のように述べております。「近年多様化が進むゲーム市場においては、豊富なラインナップが最も重要であると考えており、差別化されたゲームと市場での優位性を基盤に、多様なユーザーのニーズに応えながら事業を進めております。『メイプルストーリー2』は、自由度が高く豊かなゲーム性を特徴とする斬新かつ独創的なゲームです。今回の協業は、両社の信頼関係をより強固とした良い機会と捉えており、中国サービスにおいても良い結果を期待しております。」中国の大手インターネット企業であるテンセントとの協業を通じて、中国ユーザーのニーズに合わせたローカライズ及びサービスを展開していき、今後もさらに『メイプルストーリー2』の海外展開を推し進めてまいります。

 
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る
Tencent(テンセント)

会社情報

会社名
Tencent(テンセント)
企業データを見る