カプコン、今3月期業績予想を下方修正 今期経常益98%増の見通し

 カプコン<9697>は、今3月期の連結業績予想を下方修正し、売上高910億円(前回予想950億円)、経常利益110億円(同140億円)、当期純利益65億円(同80億円)としました。前期との比較では、売上高36.1%増、経常利益98.9%増、当期純利益2.9倍となります。

 同時に、第2四半期累計の業績予想についても、売上高405億円(前回予想453億円)、経常利益28億円(同47億円)、四半期純利益17億円(同29億円)と下方修正しています。

 同社では、第2四半期累計の業績予想「戦国BASAR3」や「モンハン日記ぽかぽかアイルー村」等の国内向けタイトルが好調に推移したものの、大型タイトル「デッドライジング2」の発売の遅れや、為替の円高による為替差損、「ロストプラネット2」の大幅な計画未達となったため、としています。通期の予想については、さらに為替動向を勘案したとのこと。

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高953億800万円、営業利益345億9600万円、経常利益348億4500万円、最終利益249億2300万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る