コーエーテクモ、『大航海時代6』でストーリーイベント「アルマダの海戦」を開始 「フランシス・ドレイク」などの航海士が登場


コーエーテクモゲームスは、本日(9月28日)、『大航海時代6』において、新しいストーリーイベント「アルマダの海戦」を開始したことを発表した。

イベント「アルマダの海戦」では、ストーリーを進めることで特別なクエストが解放される。それらをクリアしてイベントポイントを集めると、限定航海士「【エピック】マーティン・フロビッシャー」などの報酬を獲得できる。1588年に発生し、イングランドが海洋帝国として覇権を握る大きな一歩となった海戦をテーマにしたイベントを楽しもう。

また、これに合わせて、仲介所「アルマダの海戦」を開始する。目玉となる「フランシス・ドレイク」や「アロンソ・ペレス・デ・グスマン」などの新たな航海士は、ストーリーイベントでのドロップ報酬のボーナス効果を保有している。

■新ストーリーイベント「アルマダの海戦」開幕
光の嵐に巻き込まれ、新たな時代と場所へと辿り着いた一行だが、早々にイングランドの海軍提督マーティン・フロビッシャーに身柄を拘束されるという危機に陥る。一行は、フロビッシャーに協力しつつ少しずつイングランドの海軍と友好を深めるが、着実に「アルマダの海戦」へと巻き込まれていくことに…。

<アルマダの海戦とは>
1588年に英仏海峡で発生した海戦。
様々な要因で関係が悪化していたイングランドとイスパニアの2国間で大艦隊が激突した。
国力的に不利だったイングランドは、フランシス・ドレイクやジョン・ホーキンスといった名高い私掠海賊を司令官とすることで勝利を手にする。それはイングランドが海洋帝国として覇権を握る大きな一歩となった。



■仲介所「アルマダの英傑」
ストーリーイベントにて活躍する「フランシス・ドレイク」や「アロンソ・ペレス・デ・グスマン」などの航海士が登場する、期間限定の仲介所。新たな航海士は、ストーリーイベントでのドロップ報酬のボーナス効果を保有している。


▲【レジェンド】フランシス・ドレイク


▲【レジェンド】アロンソ・ペレス・デ・グスマン

実施期間:9月28日(月)~10月28日(水)

■ストーリーイベント開幕記念!ログインボーナス
新ストーリーイベント開幕を記念し、特別なログインボーナスを開催する。ストーリーイベントでボーナス効果を持つ航海士「マーティン・フロビッシャー」や航海士の経験値アイテムなど、ストーリーイベントの準備に役立つ内容となっている。



実施期間:9月28日(月)~10月28日(水)

■パッケージ販売&購入キャンペーン
提督のさらなる航海を応援するため、パッケージの販売とジュエル購入キャンペーンを開催する。

パッケージ販売期間:9月28日(月)~10月7日(水)
購入キャンペーン開催期間:9月28日(月)~10月4日(日)


■『大航海時代Ⅵ』

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



©2019-2020 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る