サイバーエージェント、小売企業向けに「LINEミニアプリ」開発パッケージを提供開始 開発不要で会員証などの自社アプリ機能をLINE上で提供可能に


サイバーエージェント<4751>は、AI事業本部 DX本部において、小売企業向けにチラシ・クーポン・会員証などの機能が組み込まれたLINEミニアプリの開発パッケージの提供を開始することを発表した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、オフラインとオンラインを併用した購買行動が進み、小売企業においてこれまで以上に顧客接点のデジタル化が求められている。プッシュ通知によるエンゲージメントの向上やポイントカードなどの独自機能の提供、顧客データの獲得などから、企業の自社アプリ活用の重要性が高まっている一方で、アプリ開発には専門知識が必要かつ時間がかかることがハードルとなっている。

このような背景のもと、この度当社では、複雑な開発が不要で簡易にLINEミニアプリの導入が可能となる小売企業向け開発パッケージの提供を開始。

本パッケージには、チラシやクーポン、会員証などの小売企業に特化した機能を搭載しているほか、企業ごとに追加の機能開発支援を行うことで、小売企業毎に最適なアプリ開発を実現する。

■小売企業向け開発パッケージ



機能一覧
・お知らせ配信
・クーポン配信
・チラシ配信
・会員証/ポイントカードの発行
・お気に入り店舗登録

LINEミニアプリは、アプリダウンロードや会員登録の必要なく、LINE上にてサービスを提供できるため、潜在顧客へのアプローチとして有効。自社アプリを保有している小売企業にとっても、自社アプリ活用への入り口として、LINEを通したシームレスなサービス提供を行うことで、スムーズに会員証発行を促すといった並行した利活用が可能であり、消費者の利便性向上やロイヤルカスタマー醸成に繋がる。

さらに今後も、レジにおける煩雑さの解消に向け、登録不要で会員証の利用が可能となる仮発行機能などの機能追加を予定している。

同社は今後も、販促オペレーションの効率化や収益最大化に繋がるサービス開発・提供を通して、小売企業をはじめとする店舗を保有する企業のDX推進を支援していく。

■「LINEミニアプリ」について
LINEミニアプリは、「LINE」アプリ上で企業の自社サービスを提供可能にするウェブアプリケーション。「アプリダウンロードや煩雑な会員登録不要」等の特長で“快適なサービス体験”をユーザーに提供でき、企業はユーザーの同意を得た上で、LINEアカウントに紐づいたユーザーデータを取得し、サービスの改善や「LINE公式アカウント」「LINE広告」等を通じたマーケティング施策に活用できる。
https://www.linebiz.com/jp/service/line-mini-app/
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る