21年2月の台湾モバイルゲーム売上ランキング、『三國志·戰略版』がTOP3に迫る 『Ragnarok X』もTOP3キープ AppAnnie調査



App Annieがまとめた2021年2月の台湾モバイルゲームの売上ランキングによると、前月5位に登場した『三國志·戰略版』が続伸し4位にランクアップした。本作は、コーエーテクモゲームスがライセンス供与を行っており、『三國志13』をベースに開発したシミュレーションゲーム。1月8日よりサービスを開始した後、常時TOP10をキープするなと引き続き高い人気を誇っている(ちなみに香港・マカオ版も絶大な人気を誇っている)。

このほか、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>のグループ会社であるGravityとByteDanceが配信している『Ragnarok X: NextGeneration』は前月と同じ3位だった。『ラグナロクオンライン』のIPを活用した新世代の3D MMORPGで、昨年10月15日にリリースされた。

 
出所:AppAnnie
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る