【ゲーム株概況(5/19)】「シャーマンキング」初のスマホアプリゲーム開発発表のクルーズが大幅続伸 アクセルマークなどNFT関連の一角が安い

5月19日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比362.39円安の2万8044.45円で取引を終えた。米国市場の下落に加え、ビットコインが急落したことも市場の心理にネガティブに働いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、クルーズ<2138>が大幅続伸した。クルーズは、子会社のStudio ZがTVアニメ「シャーマンキング」を題材とした初のスマホアプリゲーム『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』を2021年内にリリースすると発表したことが市場の関心を集めているようだ。

また、ネクソン<3659>やAiming<3911>、ギークス<7060>、カヤック<3904>なども買われ、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>も続伸した。

半面、前日買われたアクセルマーク<3624>やgumi<3903>、モバイルファクトリー<3912>など前日買われていたNFT関連の一角が安く、マイネット<3928>も続落した。

大手ゲーム株では、コナミHD<9766>やカプコン<9697>がさえない。

この日に子会社モブキャストゲームスの新作『幽☆遊☆白書GENKAIバトル魂(スピリッツ)』のリリースを予定していたモブキャストHDも小反落となった。


■関連銘柄