ヤフー、行動ビッグデータを分析できるデスクリサーチツール「DS.INSIGHT」で教育分野での活用をサポートする新プランを提供開始


ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、行動ビッグデータを分析できるデスクリサーチツール「DS.INSIGHT」において、教育分野でのビッグデータ活用をサポートする新プラン「DS.INSIGHT for Academy」の提供を開始した。

近年、データをもとに課題解決ができる「データ人材」の重要性が高まり、大学においてもデータサイエンス関連の教育が強化されている。また、一部の大学では、文系理系や専門分野を問わず、一般教養としてデータサイエンスを必修化する動きも出てきている。このような背景のもとYahoo! JAPANでは、次世代のデータ人材の育成に貢献すべく、教育分野での活用を想定した大学や専門学校などの教育機関向け新プラン「DS.INSIGHT for Academy」の提供を開始した。

「DS.INSIGHT」は、検索データと人流データをもとに、データ分析に詳しくない場合でもさまざまな分析が可能なデスクリサーチツールで、多くの企業や自治体・官公庁で、商品開発やマーケティング、シティセールスなどさまざまな用途で活用されている。今回提供を開始した新プラン「DS.INSIGHT for Academy」は、企業向け価格の約半額の価格で、教員の指導のもと授業や研究を目的とした活用が可能になる。なお、「DS.INSIGHT」では、統計化されたデータのみを扱っており、個人を特定可能な情報は含まれていないものとなる。

学校法人大正大学では、新プラン提供開始に先立ち2020年より、一部の学部・授業で「DS.INSIGHT」の活用を開始しており、教員・学生から「データ分析に詳しくなくても直感的に使える」「世間の関心や行動をはかる指標として役立つ」といった好評を得ているという。

参考(大正大学での活用事例):https://ds.yahoo.co.jp/case/taisho-university.html

Yahoo! JAPANでは、今後も個人のプライバシーの保護を最優先としたうえで、人々の生活が情報技術によって便利で豊かになるよう、ビッグデータの力を日本中に解き放ち、日本全体のデータドリブン化を後押ししていくとしている。