スクエニ、『ファイナルファンタジーXIV』のアップデートでデータセンターを拡張すると同時にデータセンターの壁を超えて他プレイヤーと交流ができる「データセンタートラベル」を公開

スクウェア・エニックスは、開発・運営するオンライン RPG『ファイナルファンタジーXIV(以下、FFXIV)』について、本日 7 月 5日(火)のアップデートでデータセンターを拡張すると同時に、データセンターの壁を超えて他プレイヤーと交流ができる「データセンタートラベル」を公開した。

FFXIV は最新のアップデート パッチ 6.18 でデータセンターを拡張した。

今回拡張したのは日本と欧州地域のデータセンターで、なかでも、日本のプレイヤーに向けては既存の 3 つのデータセンター(Elemental、Gaia、Mana)に加えて、「Meteor」データセンターを新設。より多くのプレイヤーが同時にログインできるようになった。

今後、北米・欧州地域に向けてはさらなるデータセンターの拡張を予定しており、引き続き運営拡大を図っていく予定。

なお、今回のアップデートにより日本のデータセンターでプレイしている一部の方については、ホームワールドが既存のデータセンターから新設の「Meteor」に変更となる。これに付随する注意点やホームワールド変更の無料化施策などについては、プレイヤーズサイトのお知らせページ(https://sqex.to/VjFfM)を参照。

さらに、本日公開の新機能「データセンタートラベル」によって、データセンターの壁を越えて別データセンターのワールドへ遊びに行くことが可能になった。日本のデータセンターでプレイしている人は、同じ日本のデータセンターである Elemental・Gaia・Mana・Meteor にあるワールドを行き来し、移動先のワールドでパーティを組んだり、コンテンツを楽しんだりすることができる。

より多くの冒険者との交流を楽しもう。

© 2010 – 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る