マイネットゲームス、SESISOFTより韓国版「茜さすセカイでキミと詠う」の運営移管 初の海外での運営移管 セカンダリーへのニーズ大きく市場開拓に注力

マイネット<3928>グループのマイネットゲームスは、SESISOFTと韓国版「茜さすセカイでキミと詠う」に関する配信権譲渡契約を締結し、運営を移管することを発表した。海外企業からの運営移管はマイネットにおいて初となる。

韓国版「茜さすセカイでキミと詠う」は、2017年12月にリリースした恋愛シミュレーションゲーム。同タイトルの国内版は、2019年8月からマイネットゲームスが運営している。今回、10年空間をスローガンに掲げて、ゲームコミュニティの長期継続を目指す同社の実績が評価され、韓国版の運営も行うこととなったという。

マイネットグループは、韓国版「茜さすセカイでキミと詠う」においても、培ってきたゲーム運営の知見・ノウハウを活かし、ユーザーのがより長くワクワクできる体験を楽しみ続けられるよう、各種取組みを実施していく。

韓国においては、日本と同様にゲーム運営に特化したゲームサービス事業のニーズがある一方で、そうしたニーズに対応するセカンダリー市場は未開拓。今後、国内実績をもとに韓国のセカンダリー市場開拓を行いたい、としている。

株式会社マイネット
http://mynet.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社マイネット
設立
2006年7月
代表者
代表取締役社長 上原 仁
決算期
12月
直近業績
売上高105億7100万円、営業利益5億7700万円、経常利益5億4600万円、最終利益2億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3928
企業データを見る
マイネットゲームス

会社情報

会社名
マイネットゲームス
企業データを見る