DeNA、プロ野球「横浜ベイスターズ」株式取得を正式発表

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、この日(11月4日)、東京放送ホールディングスとBS-TBSより、横浜ベイスターズの発行済株式の66.92%を取得するとともに、日本プロフェッショナル野球組織(「NPB」)への加盟申請を行った、と発表した。球団名は「横浜DeNAベイスターズ」となる予定。 DeNAでは、これからの日本プロ野球の発展に寄与するためにも、球団経営に新しい風を吹かせるとともに、横浜という魅力的な地域に根づいてファンや地元企業、横浜市と協力して地域社会の発展に貢献したい、としている。 また、野球とDeNAが運営する「Mobage」を組み合わせたエンターテインメントの提供によって、来場できないファンも楽しめる環境をつくることや、3200万人を超える「Mobage」の会員ががプロ野球ファンになるようなコンテンツの開発など、新しい可能性に挑戦するとのこと。 なお、取得する株数は87万株で、取得価額は65億円となる。今後、NPB実行委員会とオーナー会議で承認を得た後、株式譲渡を実行する予定。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2432
企業データを見る