主要ネット企業の決算ダイジェスト(11月8日版)

上場ネット関連企業の11月8日に行われた主要な決算発表は以下のとおり。追加した場合、その旨を追記したい。

 

■バリューコマース<2491>

2011年12月期の連結業績予想を上方修正し、売上高77億円(前回予想73億9700万円)、営業利益7億4000万円(同6億7200万円)、経常利益8億円(同7億1100万円)、当期純利益4億4000万円(同3億8100万円)とした。

アフィリエイトマーケティングサービスでに金融及び旅行分野の成果型広告出稿が堅調だった模様。

 

■カカクコム<2731>

第2四半期累計(4~9月期)の連結は、売上高88億0800万円(前年同期比15.8%増)、経常利益39億3600万円(同14.2%増)、四半期純利益22億9100万円(同14.5%増)だった。

主力のインターネット・メディア事業で、カカクコムや食べログ関連での売上が好調に推移した。いずれもスマートフォン対応を行ったことも奏功。ショッピングの取次についてもエコポイント廃止の反動が出たものの、購買率の向上施策が奏功し、取次手数料が伸びた。

2012年3月期は、売上高200億円(前期比19.0%増)、経常利益95億円(同20.8%増)、当期純利益56億円(同22.3%増)を見込む。

 

■トランスコスモス<9715>

第2四半期累計(4~9月期)の連結は、売上高790億円(前期比6.3%増)、経常利益40億円(同64.1%増)、四半期純利益23億円(同6.4%減)だった。

コンシューマー向けソフト販売やIT関連サービスの収益性の回復、BPO会社の収益性改善などが寄与した。海外子会社ではコールセンターサービスの受注が伸びた。

2012年3月期の連結業績予想については非開示。

 

■インターネットイニシアティヴ<3774>

第2四半期の連結(SEC基準)は、売上高472億円(前年同期比37.7%増)、営業利益24億4800万円(同103.8%増)、四半期純利益13億6100万円(同58.4%増)だった。

子会社化したIIJグローバルの収益が寄与したことや、ストック売り上げが堅調に推移した。IIJグローバルの収益寄与は、営業収益129億円、営業利益10億円だった

2012年3月期は、売上高1000億円(前期比21.3%増)、営業利益63億円(同52.1%増)、当期純利益34億円(同6.1%増)を見込む。

 

■アイ・エム・ジェイ<4305>

第2四半期(4~9月期)の連結業績は、売上高67億0500万円(前年同期比16.0%減)、経常損益2億4100万円の赤字(同1300万円の赤字)、四半期純利益7800万円(同前年同期比406.5%増)だった。

一部不採算案件が発生したため、営業赤字幅が拡大した。また投資有価証券売却益を計上したため、四半期純利益は黒字を確保した。

2012年3月期は、売上高140億0500万円(前期比16.4%減)、経常損益6100万円の赤字、当期純利益2億1800万円を見込む。

 

■GMOクラウド<3788>

2011年12月期の連結業績予想を下方修正、売上高90億0200万円(前回予想97億9100万円)、営業利益7億3300万円(同11億5600万円)、経常利益8億0500万円(同11億5000万円)、当期純利益4億0100万円(同6億3600万円)とした。

クラウドサービスの新サービスが遅延したことや、9月に認証局への不正アクセス犯によるハッキング声明を受けて、証明書発行を一時的に停止したこと、為替差損を計上するため。

 

■GMOペイメントゲートウェイ<3769>

2011年9月期の連結業績は、売上高38億6600万円(前期比22.9%増)、経常利益14億3100万円(同24.7%増)、当期純利益7億6300万円(同30.5%増)だった。

決済サービスで「決済処理件数」と「決済処理金額」が伸長した。「代引き決済サービス」「ウォレット決済サービス」が好調に推移したほか、スマートフォン向け会員認証・決済プラットフォーム「mopita」もスマートフォンの普及に伴い好調だった。

2012年9月期は、売上高48億1700万円(前期比24.6%増)、経常利益17億5000万円(同22.3%増)、当期純利益9億5400万円(同24.9%増)を見込む。

 

■GMOアドパートナーズ<4784>

第3四半期累計(1~9月期)の連結は、売上高86億7800万円(前年同期比116.3%増)、経常利益2億5700万円(同111.1%増)、四半期純利益1億4500万円(同201.2%増)だった。

GMO NIKKOが連結に加わったことが主な要因。

2011年12月期は、売上高110億円(前期比99.4%増)、経常利益3億円(同1.9%減)、当期純利益1億7000万円(同30.5%増)を見込む。

 

■デジタルアドベンチャー<4772>

第2四半期累計(4~9月期)の連結は、売上高24億5800万円(前年同期比23.9%減)、経常損益6400万円の赤字(前年同期2億7900万円の赤字)、四半期純損益1億1500万円の赤字(同3億7500万円の赤字)だった。

「ドリームハイ」のDVDBOXなどの物販が好調だったことや、ライツ事業での赤字幅が縮小した。また、スマートフォンやソーシャルゲームなどの提供を行ったが、既存の携帯電話サイトの売上減少が続いた。

株式会社アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社アイ・エム・ジェイ
設立
1996年7月
代表者
廣田武仁
決算期
3月
直近業績
売上高141.46億円、営業利益0.59億円、経常利益0.69億円、当期純利益1.89億円(2012年3月期)
上場区分
上場廃止(ジャスダック)
証券コード
4305
企業データを見る
GMOグローバルサイン・ホールディングス

会社情報

会社名
GMOグローバルサイン・ホールディングス
企業データを見る
トランスコスモス株式会社
http://www.trans-cosmos.co.jp/

会社情報

会社名
トランスコスモス株式会社
設立
1985年6月
決算期
3月
直近業績
売上高1663億3500万円、営業利益72億5300万円、経常利益85億700万円、当期利益49億1900万円(2013年3月期)
上場区分
上場
証券コード
9715
企業データを見る