日本一ソフト、第3四半期は「ディスガイア」好調で経常益11倍増に…通期予想も198%上方修正

日本一ソフトウェア<3851>は、本日(2月3日)、第3四半期累計の連結決算を発表し、売上高が前年同期比79.0%増の19億8100万円、経常利益が同11.4倍増の4億0100万円だった。家庭用ゲームソフト『魔界戦記ディスガイア3 Return』が販売が堅調に推移したことに加え、『魔界戦記ディスガイア4』のダウンロードコンテンツの売り上げが伸びた。ソーシャルゲーム『ビックリマン』のライセンス収入も収益を押し上げた。

日本一ソフトウェアの第3四半期業績は、売上高19億8100万円(前年同期比79.0%増)、営業利益4億1500万円(同683.1%増)、経常利益4億0100万円(同11.4倍)、四半期純利益2億8300万円(前年同期800万円の赤字)だった。

 

 

■パッケージ事業は、売上高15億2800万円、営業利益2億7400万円だった。『ビックリマン漢熟覇王 三位動乱戦創紀』や、『ファントム・キングダム PORTABLE』、『魔界戦記ディスガイア4フーカ&デスコ編はじめました』、『魔界戦記ディスガイア3 Return』など5タイトルを発売した。特にPlayStation Vitaと同日に発売した『魔界戦記ディスガイア3 Return』は堅調だった。

■オンライン事業は、売上高2億1900万円、営業利益1億7800万円だった。『魔界戦記ディスガイア4』などのダウンロードコンテンツの配信が好調に推移した。オンラインビジネスの強化を図るために子会社ディオンエンターテインメントを新たに設立した。

■ライセンス事業は、売上高1億0900万円、営業利益9800万円だった。ドリコムとの共同事業としてソーシャルゲーム『ビックリマン』を開発・配信した。

 

■2012年3月期の見通し

2012年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高22億4600万円(前回予想22億8800万円、前期比1.3%増)、営業利益3億0300万円(同1億0700万円、同3.6%減)、経常利益2億9100万円(同9700万円、同4.7%減)、当期純利益2億0300万円(同5900万円、同11.8%減)とした。

 

株式会社日本一ソフトウェア
https://nippon1.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社日本一ソフトウェア
設立
1993年7月
代表者
代表取締役会長兼社長 北角 浩一
決算期
3月
直近業績
売上高57億1600万円、営業利益15億6600万円、経常利益16億8800万円、最終利益12億7300万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3851
企業データを見る