誰ガ為のアルケミスト、gumi、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【TGS2015】Fuji&gumi Games今泉潤氏「『...

【TGS2015】Fuji&gumi Games今泉潤氏「『誰ガ為のアルケミスト』は『ファントムオブキル』の正統進化」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

gumi<3903>とフジ・スタートアップ・ベンチャーズにより設立されたFuji&gumi Gamesは、9月17日に開催された「東京ゲームショウ2015」のステージイベントで、今泉潤プロデューサー(写真右)が新作モバイル向けタクティカルゲーム『誰ガ為のアルケミスト』を紹介した。2015年冬にiOSとAndrdoi向けのゲームアプリとしてリリースする予定だ。
 

このゲームは、7人の主人公が織り成す壮大でドラマティックなストーリーと高度な戦略性に富んだ「三次元空間戦略バトル」が楽しめる本格的タクティカルRPGとなる。人気の第1弾タイトルであるシミュレーションRPG『ファントム オブ キル』よりも高いゲーム性を持つ作品に仕上げる考えだという。

今回、3Dマップでのバトルを採用する点が特徴だ。『ファントム オブ キル』に高さと向きという概念が加わることになり、戦略性がより広がることになった。30種類に及ぶジョブや、アビリティの要素も加わることで、「非常にやりごたえのあるゲームになっている」(今泉氏)という。





続けて今泉氏は、「ゲームが難しくなると、操作性も難しくなると懸念されるかもしれないが、遊びやすくなるよう、操作性の部分は非常にこだわった。モバイルゲームで本格的なタクティカルゲームを作るにはこうあるべきではないかとスタッフ全員で考えたので、相当遊びやすいゲームになっていると思う」と述べた。

また、キャラクターは、「7つの大罪」をモチーフにしたものとなっている。この7人の主人公が織り成す7つのストーリーが楽しめるそうだ。「モバイルゲームでは、ストーリーのある作品が少ない。章によって主人公が切り替わり、その主人公を使わなくてはならないところは家庭用ゲームっぽくなっている」。ストーリー部分もできるだけ3Dで展開されるようにし、1人1人が抱える罪も描く。
 




なお、押井守氏が『ファントム オブ キル』のオープニングムービーを担当したことで話題になったが、今回は、『マクロス7』や『創聖のアクエリオン』などで有名な河森正治監督がオープニングムービーを手掛ける。「非常に驚きのあるもの」になるとのこと。さらに、下村陽子氏が音楽を担当する。
 

最後に今泉氏は、「2015年冬のリリースに向けて追い込みの時期にある。『ファントム オブ キル』がご好評いただき、次のチャレンジは、その正統進化となる。ぜひ期待していただきたい」と述べ、新作ゲームへの自信を示した。

 
(編集部 木村英彦)
 
■『誰ガ為のアルケミスト』

公式Twitter

公式サイト




© Fuji&gumi Games
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Fuji&gumi Games)

会社名 株式会社Fuji&gumi Games
URL http://fg-games.co.jp/
設立 2014年1月
代表者 種田 慶郎
決算期
直近業績 未開示
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事