サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > サイバーエージェント、子会社CyberBullが動画広告制作...

サイバーエージェント、子会社CyberBullが動画広告制作スタジオ「CyberBull Studio」を設立 スピーディーな動画広告制作を目指す

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

サイバーエージェント<4751>の連結子会社CyberBull(サイバーブル)は、最短で即日10本の動画広告制作する動画広告制作スタジオ「CyberBull Studio(サイバーブルスタジオ)」を設立した。動画広告における高速PDCA支援ソリューション「HAYABUSA(ハヤブサ)」とあわせ、複数パターンの動画広告の制作からクリエイティブテスト、効果検証後の広告配信まで、スピーディーな動画広告の運用を実現していく。

現在、国内の動画広告市場規模は、2014年に311億円(前年比197%)、2015年に501億円(前年比161%)と急成長が予測されている(2014年10月発表「動画広告市場調査」サイバーエージェント/シード・プランニング調べ)。サイバーエージェントグループにおいても、動画広告の取扱高は、2015年9月期第3四半期で前年同四半期比1.6倍と急拡大しており、市場の成長を背景に、動画広告に特化した広告事業会社としてを2015年4月に設立している。

今回、CyberBullでは直接獲得を目的としたダイレクトマーケティングにおける動画の活用ニーズの高まりに対応するべく、スピーディーな動画広告制作を目的に「CyberBull Studio」を設立し、動画広告制作において必要な機材、スタッフ等環境をすべてそろえ、撮影や編集等の作業をすべてインハウス化した。これにより、動画撮影から編集、納品までをスピーディーに行い、最短で即日10本ほどの動画広告の制作が可能となる。

複数パターンの動画広告を用意したクリエイティブテストや、最短で数日後には効果検証を反映したクリエイティブを配信できる高速PDCA支援ソリューション「HAYABUSA(ハヤブサ)」とあわせ、動画広告ではなかなか実現が難しかったスピーディーなクリエイティブのPDCAサイクルを可能にし、動画広告のマーケティング活用や広告効果の最大化を図っていく方針だ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CyberBullサイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事