Kick-Flight(キックフライト)、グレンジに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グレンジ、闘会議2019で行われた『Kick-Flight(...

グレンジ、闘会議2019で行われた『Kick-Flight(キックフライト)』生放送初日のオフィシャルレポートを公開! 小林画伯の名作も誕生!?

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

グレンジは、1月26日(土)、1月27日(日)の2日間、幕張メッセにて開催された「闘会議2019」(「JAEPO 2019」と合同開催)に、開発中の新作スマートフォンゲーム『Kick-Flight(キックフライト)』のブース“フライングプレイパーク@闘会議2019”を出展した。

“フライングプレイパーク@闘会議2019”では、逆バンジー体験や、“フライング(先行)”体験会、限定ノベルティをプレゼントする抽選会が行われたほか、本作を紹介する生放送も配信された。

生放送では、公式コスプレイヤー5名が参加したほか、ゲストにキッカー(キャラクター)ボイスを担当する小林ゆうさん、桑原由気さん、内田雄馬さんが登場し、 「キックフライト」をいち早くお披露目。

本記事では、当日の生放送の模様をまとめたオフィシャルレポートを公開する。


<以下、オフィシャルレポート>
■「キックフライト」ブース“フライングプレイパーク@闘会議2019”放送ステージ

<Welcom to Kick-Flight>
2019年春リリース予定の「キックフライト」や、ブースについて紹介する放送。ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーの元気な掛け声と共に、本作の開発プロデューサーの木下と、エンジニアのダンが生放送コーナーに登場いたしました。

木下から、「キックフライト」の最大の特徴である、“360°空中バトル”について説明があると、「今年一番楽しみなスマホゲー!」というコメントなどが寄せられました。

さらに、豪華声優陣が演じるキッカー(キャラクター)の特徴が木下より説明されました。ドローンで戦う「アウルベルト」や、少年漫画の主人公のような熱い男の子「ツバメ」など、初出しのとなる個性豊かなキャラクター設定に、コメントも盛り上がっていました。





続いては、公式コスプレイヤー5人によるブースレポが行われました。ココの衣装に身を包んだ、うらまる さんからは、“フライング(先行)”体験会の模様が中継され、“フライング”体験した方のインタビューでは、本作の特徴である“爽快感”を楽しむ声が聞かれました。

カイトの衣装を着ている涼本奈緒さん、アウルベルトの衣装のmisacoさんは、抽選会について紹介されました。本抽選会は、「キックフライト」公式Twitterをフォローした方全員が参加できるもので、“フライング”するくじをうまくキャッチすると、Tシャツなどの豪華限定ノベルティがプレゼントされます。

最後は、本ブースの目玉、逆バンジーが紹介されました。逆バンジーは、 “フライング(先行)”体験会で勝った方が体験いただけます。ここで、ツバメ姿の桐山涼さんが逆バンジーに挑戦。ルリハの衣装を着た水沢柚乃さんが2018年に開催された「“東京ゲームショウ2018”の時より、ジャンプが高い!」のコメントと共に、華麗なターンとジャンプを披露していました。







<「Kick-Flight」声優陣のレッツチャレンジ!>
「キックフライト」のキッカーを演じる、小林ゆうさん(ピトフィ役)、桑原由気さん(ココ役)をゲストに迎えた生放送を行いました。

小林さんの「こんにちは!」の呼びかけに、来場者もコメントも「こんにちはー!」と元気に返すなど、最初から盛り上がっていました。挨拶も“小林さんっぽさ”全開で、MCを務めるニッポン放送の吉田アナウンサーも、華麗なツッコミをみせていました。

小林さん、桑原さん共に「キックフライト」のことをまだ知らないということで、木下プロデューサーから、世界観やキャラクターが紹介されました。小林さんが演じる「ピトフィ」が気になる様子の2人。

キッカーのセリフ初公開となった、『「キックフライト」生アテレコ』のコーナーでは、「かわいいのはお断り!」された小林さんが演じる「ピトフィ」や、武器屋の娘というバックグラウンドまで公開された桑原さんが演じる「ココ」など、奥深いキッカーの設定に驚きのコメントがあふれました。

また、視聴者へのプレゼントをかけて、桑原さんがお盆に乗ったクリスタル落とさないように逆バンジーにチャレンジしたほか、“小林画伯”の新たな作品が生み出された、イラストチャレンジなど、笑いあり、“恐怖”のざわつきありの1時間でした。






<声優陣が初参戦!「Kick-Flight」バトル!>
「キックフライト」のキッカーを演じる、内田雄馬さん(ツバメ役)、桑原由気さん(ココ役)、ファミ通チームとして、中目黒目黒さん(ファミ通AppVS編集長)、水永三代目さん(ファミ通App編集長)、岩田ジュビ漏さん(ファミ通App)、さとるりさん(ファミ通App)をゲストに迎え、本作のバトルを行いました。

入りから、生放送中にバックで逆バンジーをやっている状況に驚きを隠せない内田さんの一方で、先ほどまで生放送を行っていた桑原さんは慣れたもの。日本一有名なゲーマー家族という、内田さんのご家族は、それぞれソロプレイが多いとのことで、「みんなでできるのが楽しみ!」と期待を寄せていました。

初めての内田さんに、本作の紹介をしたあと、ファミ通チームは、「なにか情報が欲しい!」と、未だ秘密の多い本作の最新情報をかけて、声優陣と戦うことに。“負けてはいけない”ファミ通チームとの闘いが始まると、桑原さんが自身の演じる「ココ」の必殺技を繰り広げ、圧巻の戦い。一戦目のエキシビジョンマッチでは、声優チームが逃げ切り、勝ちました。

続いて、本番の対戦でも、桑原さんの力が開眼、ゲーマー内田さんも華麗にクリスタルを獲得し、本気になったファミ通チームにまたしても勝利しました。3分間という中に、戦いのストーリーが詰まってる、本作の魅力に、視聴者も楽しむコメントで溢れていました。

内田さんの「キックライト」を4vs4や、3分間という時間など、絶妙なゲーム性の深いコメントがされている中、無言のファミ通チーム。悔しがるファミ通チームを横目に、ここで豪華賞品“0泊0日空の旅”に内田さんが参加することに。ブースの目もなっている逆バーンジーの“空の旅”に、高いところが苦手といいつつも、華麗にターンするなど、魅了していました。最後は、ファミ通チームが明日27日(日)の再戦で雪辱を晴らすべくがんばる、意気込みを語り、放送は終了いたしました。






■『Kick-Flight(キックフライト)』

 

公式サイト

公式Twitter



© Grenge, Inc. All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Kick-Flight(キックフライト)グレンジ

企業情報(株式会社グレンジ)

会社名 株式会社グレンジ
URL http://www.grenge.co.jp/
設立 2011年2月
代表者 木下 慎也
決算期 9月
直近業績 非開示
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事