日本一ソフトウェアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/19)】『魔界戦記ディスガイアRPG』配...

【ゲーム株概況(3/19)】『魔界戦記ディスガイアRPG』配信開始で日本一ソフトが反発 ケイブは4日続伸 BOIは利益確定の売り物に押される

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月19日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら3日ぶりに反落し、前日比17.65円安の2万1566.85円で取引を終えた。朝方は前日までの株価上昇に対する利益確定の売りに押され、下げ幅が100円超に達したものの、中国・上海市場の上昇などもあって次第に下げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、フォワードワークスとの共同開発タイトル『魔界戦記ディスガイアRPG』のサービスがこの日に開始となった日本一ソフトウェア<3851>が反発した。また、ケイブ<3760>が4日続伸し、コロプラ<3668>やAiming<3911>、セガサミーHD<6460>などがしっかり。

半面、前日買われたバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、一時1924円まで買われたものの、利益確定の売り物に押された。

ほか、エイチーム<3662>やドリコム<3793>、マイネット<3928>なども売られた。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事