GRAVITYに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グラヴィティエンタテインメント、18年12月期の最終利益は2...

グラヴィティエンタテインメント、18年12月期の最終利益は299万円…版権管理からMMORPGのパブリッシング事業者に転換

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
グラヴィティエンタテインメントは、本日(4月5日)付の「官報」に第16期(2018年12月期)の決算公告を掲載し、最終利益は299万円だった。

同社は、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社である韓国Gravityの日本支社にあたる。ラグナロクオンラインの日本におけるライセンス管理を目的として2003年に設立されたが、2018年から、日本におけるMMORPGのパブリッシング事業を推進するため、日本国内の大手ゲーム会社において最前線で活躍していたメンバーを集め、新たなスタートを切ったとのこと。アジア圏を中心にヒットしている『Ragnarok M』の日本パブリッシングを行っていくのだろうか。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメントGRAVITYグラヴィティエンタテインメント

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事