19年4-6月決算、スクウェア・エニックス・ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スクエニHD、『ロマサガRS』貢献でスマホ・PCブラウザゲー...

スクエニHD、『ロマサガRS』貢献でスマホ・PCブラウザゲームは増収増益 売上高は6.8%増の203億円 『とあるIF』の業績寄与は7月から

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、本日(8月6日)、第1四半期(4-6月)の連結決算と決算説明会資料を開示し、ゲーム事業におけるスマートデバイス・ PCブラウザゲームは増収増益だったことを明らかにした。売上高は前年同期比6.8%増の203億円だった。営業利益については開示されていないが、若干の増益となったようだ。
 


『ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)』が好調に推移し、全体をけん引したようだ。開発・運営体制の⾒直しを行い、新しいヒット作の創造に注力するという。既存IPを中心に厳選した新作タイトルを出していく方針だという。第2四半期から『とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト) 』が貢献する見通しだ。
 


なお、今回、スマートデバイスおよびHDゲームのデジタルの会計方針を変更したことも明らかにした。これまでは収益を売上報告書の到着⽇(1か⽉遅れ)で認識していたが、経済的実態をより適切に反映させるため、2020年3⽉期より同⽉計上に変更したという。

 


 
(編集部・木村英彦)



© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by Akatsuki Inc.
ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)スクウェア・エニックス・ホールディングス19年4-6月決算

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2568億円、営業利益312億円、経常利益311億円、最終利益200億円(2017年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事