20年7-9月決算、日本一ソフトウェアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 日本一ソフト、9月中間期の営業益は696%増の4.5億円 『...

日本一ソフト、9月中間期の営業益は696%増の4.5億円 『ボク姫PROJECT』など国内で3本発売 『魔界戦記ディスガイア6』を開発中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本一ソフトウェア<3851>は、この日(11月13日)、9月中間期の連結決算を発表し、売上高20億9400万円(前年同期比48.8%増)、営業利益4億5000万円(同696.3%増)、経常利益4億3800万円(同843.6%増)、最終利益2億5100万円(前年同期は最終損失2200万円)と大幅な増収増益、最終黒字転換となった。

国内パッケージタイトルとしては、『ボク姫PROJECT』、『少女地獄のドクムス〆』、『夜、灯す』の合計3タイトルを発売したとのこと。また、第3四半期以降に発売を予定している、『MAD RAT DEAD』『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』、『魔界戦記ディスガイア6』などの開発を進めた。

その他では、インターネット環境でゲームソフトを購入できるPlayStation Network、ニンテンドーeショップ、Steamを通じたゲームソフトとダウンロードコンテンツの販売、北米・欧州・アジア地域に向けた国内で発売したタイトルのローカライズ及び新規タイトルの開発・販売、ゲームソフトの受託開発並びにカードゲームショップ「プリニークラブ」の運営を引き続き行ったという。

続く2020年3月通期の見通しは非開示。同社では、現段階では適正かつ合理的な算定が困難であるため、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本一ソフトウェア20年7-9月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事