KLab、『GIGABOT WARS』を欧米版「Mobage」でリリース

KLab<3656>は、本日(4月17日)、欧米版「Mobage」で、ゲームアプリ『GIGABOT WARS』の配信を開始した。AndroidアプリとiOSアプリで提供する。アプリのダウンロードと基本プレイは無料で、一部アイテム課金制となっている。 本作は、BOTと呼ばれるロボットを自由にカスタマイズできるロボットバトルゲーム。「トイボットファイターズ」をグロール向けにカルチャライズしたタイトルで、ロボットのデザインは海外でも人気のある日本的なテイストとなっている。 プレイヤーは、頭、胴、右腕、左腕、足、カラーリングを組み合わせて、自分だけのBOTを作ることができる。パーツは、装着可能な300種類以上、カラーリングは13種類あり、50万とおりのカスタマイズができる。 また、プレイヤー同士でのバトル結果を毎週ランキング形式で表示して、順位に応じた報酬を付与するなど、欧米ユーザーの嗜好に合わせてバトル重視のゲームデザインを行なった。 バトルは、「バトルフィールドと各パーツの相性」、「BOTそれぞれにAIの設定が可能」といった設計により、緻密なバトルロジックが構築されている。これにより、単純な数値だけでは計れないバトルが展開できる。 このほか、他のプレイヤーと協力して戦うバトルイベントや、一定条件でボーナスやプレゼントがもらえるキャンペーンも定期的に開催するなど、日本式のゲーム運営方式を採用する予定。  
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る