スクウェア・エニックス、『疾走、ヤンキー魂。』の10周年記念祭斗を開設 元祖「ザ・つっぱりネットワークゲーム」として再始動

スクウェア・エニックスは、本日(5月23日)、“ヤンキー”の世界をテーマとしたオンラインネットワークゲームとして一部熱狂的な人気を博し、惜しまれつつも運営を終えた伝説のゲーム『疾走、ヤンキー魂。』が10周年を迎えたことを記念し、記念祭斗(サイト)を開設したことを明らかにした。

記念祭斗にはムービーも掲載されており、本作の10年の歴史を振り返っている。2003年5月23日にサービスを開始し、2004年12月29日に惜しまれつつも「解散」。その後、2007年6月13日に「再結成」し、2010年4月28日に2回目の解散となり、その時は本当に「さようなら」で再開する予定はなかったという。今回、10周年を迎え、スマートフォン向けの元祖「ザ・つっぱりネットワークゲーム」として復活することが明らかにされた。

さらに、記念祭斗には、伝説のロックンローラーの内田裕也氏からも10周年のお祝いメッセージがコメントが寄せられている。

 

 

■関連サイト

 記念祭斗

 

 

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る