サイバード、iOS『バーコードフットボーラー』でバーコード生成選手だけで戦う大会を開催

サイバードは、本日(6月18日)、本格サッカークラブ育成ゲーム『バーコードフットボーラー』で、6月20日より「第1回バーコード杯」を開催すると発表した。6月23日まで開催する予定。

本作は、サッカークラブの監督となり、選手を育て、戦術を選択し、世界一を目指す本格サッカークラブ育成ゲーム。iPhoneのカメラで身近にあるバーコードを読み取ると3兆通りもの選手が生成され、バーコード毎に能力や表情の違った選手が登場する。

今回開催される「第1回バーコード杯」は、ピッチ上の全選手を、このゲームの特徴である商品バーコードを読み取り生成したサッカー選手(バーコード選手)だけで戦う代表戦となる。

大会を勝ち抜いた上位チームへの褒賞として、現在公式Webサイトに掲載中のバーコードを読み取って生成される「一平くん」選手よりも、スキルが追加されてさらに強くなった「[K]一平くん」選手をプレゼントする。

 

 

さらに、「愛媛FC」事務局スタッフのカエルの「金太」が選手として登場するキャンペーンも行う。ゲーム公式サイト内の「一平くん」タイアップページに掲載している「一平くん」公式グッズショップサイトにアクセスし、指定のバーコードを読み取ると「金太」選手が生成される。こちらは本日から7月12日まで。

 

 

 

■関連サイト

アプリダウンロード

公式サイト

株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバード
設立
1998年9月
代表者
代表取締役社長兼CEO 本島 匡
決算期
12月
直近業績
売上高69億200万円、経常利益3億4500万円、最終損益2億8900万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
非上場
企業データを見る