アエリア、13年12月期の損益予想を赤字修正…新作の遅延と開発費、広告宣伝費など先行費用で

アエリア<3758>は、本日(8月12日)、2013年12月期の連結業績予想を下方修正し、売上高14億4000万円(前回予想17億円)、営業損益2億2800万円の赤字(同9000万円の黒字)、経常損益2億6000万円の赤字(同1億2000万円の黒字)、当期純損益3億円の赤字(同1億円の黒字)とした。当初は、黒字予想だったが、一転して赤字予想に修正した。       同社では、『ドラゴンズプロフェット』のサービスインが6月に遅延したことに加え、開発費と広告宣伝費の積極的な先行投資により営業費用が嵩んだため、としている。また経常利益については、持分法による投資損失と、貸倒引当金を計上するため。     ■第2四半期決算 第2四半期(1~6月期)の連結決算は、売上高4億円(前年同期比87.1%減)、営業損益2億9400万円の赤字(前年同期3億1900万円の赤字)、経常損益3億9300万円の赤字(同3億3800万円の赤字)、四半期純損益3億5200万円(同3億2800万円の赤字)だった。       大幅な減収となっているが、これはAeria Games & Entertainmentと、スリーエスが連結から除外となったため。また、新規タイトルのリリース遅延や、開発費などの先行投資などの費用が圧迫したことが主な要因だった。
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高215億4200万円、営業利益8億3900万円、経常利益8億3500万円、最終利益5億8600万円(2021年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3758
企業データを見る