「カプコンが俺たちの曲をパクッた!!」…リズムヒーローRPG『オトレンジャー』と「ゴールデンボンバー」による騒動が決着

カプコン<9697>は、人気ビジュアル系エアーバンド 「ゴールデンボンバー」のツアー最終日である10月8日(火)に、ツアー最終公演を控えた同バンドの楽屋近くにて、リズムヒーローRPG 『オトレンジャー』をめぐる一連の“盗作疑惑騒動”を鎮静化すべく取材会……もとい謝罪会見を実施した。

事の発端は「ゴールデンボンバー」側が『オトレンジャー』のプロモーションビデオを見た際に、自分たちの楽曲「こんにちは孤独(精力戦隊オサセンジャーVer)」に酷似していることに気付くところから始まる。<関連動画

そして、去る「東京ゲームショウ 2013」では、カプコンブースに乱入してステージジャックを敢行。それだけには止まらず、ついには『オトレンジャー』のゲーム内もジャックして、「ゴールデンボンバー」のメンバーが登場するキャンペーンも実施したのだ。<関連動画

さて、その後はカプコン側が「ゴールデンボンバー」に対して謝罪ビデオレターを公開<関連動画>……そうして、これらの“盗作疑惑騒動”に関する最終決着の場が、ツアー最終日となる10月8日(火)に設けられた。このままカプコン側が、「ゴールデンボンバー」に正式謝罪を行い、和解となるかと思いきや、事態は思わぬ方向に動いた……。

 

■ そもそも『オトレンジャー』とは

本作は、リズムゲーム×ヒーロー×RPGという異色の組み合わせから生まれた新感覚のリズムアクションRPG。300体以上の登場キャラ、そして100曲以上の楽曲が収録されている。

まずプレイヤーは、レンジャーを編成して戦隊を組み、音楽に合わせてリズムを刻むリズムパートに挑戦。そこで溜めた攻撃力が、バトルパートで敵に対し放出される。立ちはだかる悪の敵をリズムの力で倒して新たなレンジャーを入手して、自分だけのオリジナル戦隊を編成していくことが可能。

​ 

 

■「カプコンが俺たちの曲をパクッた!!」……しかし

2013年10月8日(火)、国立代々木競技場第一体育館バックステージ。「ゴールデンボンバー」のツアー最終日となる同日に、カプコン側による謝罪会見の場が設けられたのだが、メンバーは本番直前ということもあり、終始、苛立ちを見せていた。

「カプコンが俺たちの曲をパクッた!! おら、この会場に居るんだろう!」と、メンバーが痺れを切らした瞬間、申し訳なさそうに腰を低くしてカプコン関係者が登場(写真一番右)。写真は、左から喜矢武豊さん(Gita)、歌広場淳さん(Besu)、鬼龍院翔さん(Vo.)、樽美酒研二さん(Doramu)。

メンバーが睨みをきかせながら仁王立ちで構えていると、まさかのカプコン関係者の口から「先にパクッたのは、みなさんじゃないですか!」と言い放ったのだ。すると会見場にあるテレビ画面に、同バンドが2011年にリリースされた楽曲「僕クエスト」のプロモーションビデオが流れた。
 

 

 

そのプロモーションビデオというのが、カプコンの人気格闘ゲーム『ストリートファイター』を真似して作られた内容だったのだ。「どう見てもカプコンの『ストリートファイター』じゃないですか!」と、カプコン関係者による反撃が開始。これに対して、明らかに動揺を見せる「ゴールデンボンバー」の面々。「いや、これは『柔道一直線』を真似したんですよ…!!」と、ボーカルの鬼龍院さんが苦し紛れの言い訳で会場を沸かすものの万事休す……。

『ストリートファイター』をパクッてプロモーションビデオを作ったことを認め、メンバーが次々と膝をついて、土下座で「カプコンさん、本当にすみませんでした!」と謝罪した。ちなみに、当時のことを聞かれた面々は、「あのときは対して有名じゃなかったということもあり、どうせ許可を得ようとしても“NO”と言われるから勝手にやりました!」と、自由奔放な考えとはいえ、どこか納得してしまいそうな言い分を話した。

「でも僕たちは『ストリートファイター』が好きなんです! これはリスペクトなんです!」、「悪きはなかったんです……てか社長がやれって!」と、土下座をしたまま、言い訳がましくも、どこか苦労が見え隠れする内容を主張した。
 

 

綺麗な“ハの字”で手をついた土下座を披露する「ゴールデンボンバー」の面々に対して、カプコン側は「水に流しましょう! ただし、みなさんにはこれから『オトレンジャー』のPR大使になってもらいます」と、メンバーに思いもよらぬ大役を任命したのだ。そして、さっそくPR大使の初仕事として、『オトレンジャー』と「ゴールデンボンバー」による正式コラボレーションが決定した。

 

■『オトレンジャー』で「ゴールデンボンバー」と正式コラボ開始! 初音源化の2曲がプレイ可能に

双方が無事に和解できたところで、『オトレンジャー』で「ゴールデンボンバー」による正式コラボレーションが実施! コラボ内容は、2013年10月9日(水)0:00 から 2013年10月22日(火) 23:59までの期間限定で、初音源化の2曲でゲームがプレイできるコラボステージが登場!

1曲はゴールデンボンバーの楽曲「こんにちは孤独(精力戦隊オサセンジャーVer)」の替え歌で、『オトレンジャー』のテーマソングである「リズムでバトル!オトレンジャー」を鬼龍院さんが

歌ったもの。そして、もう1曲は、"ゴールデンボンバー ホントに全国ツアー2013~裸の王様~"のステージで披露された、幻の鬼龍院翔ソロデビューシングル楽曲「アメリカ」と、ファンには垂涎な選曲内容だ。

さらにメンバーがゲーム内に登場することはもちろん、ゲットしたメンバーをリーダーに設定し、フィーバーアタックを発動すると、今回のコラボレーションのために、新たに収録したオリジナルボイスを聞くことができる。
 

​ 

 

最後にメンバーは、今回の『オトレンジャー』による正式コラボについて、「じつは、もう実際にプレイしています。僕たちがジャックしたときもファンの方が遊んでくれて。だから正式コラボできたので、うれしいです。やっぱ超一流のゲームメーカーなので、これからもどんどんおしりを振っていこうかと思います!」と、最後まで「ゴールデンボンバー」らしい調子の良いトークで明るく締めた。

本作『オトレンジャー』の世界観にも合致するベストコラボ相手「ゴールデンボンバー」と共に、今後さらなる展開に注目していきたいところだ。
 



■ 関連サイト

ゲーム公式サイト

iOS版ダウンロード

 

©CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高953億800万円、営業利益345億9600万円、経常利益348億4500万円、最終利益249億2300万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9697
企業データを見る