エイリムのAndroid版『ブレイブ フロンティア』が売上ランキングでトップ10入り リリースから24日で

エイリムのAndroidアプリ版『ブレイブ フロンティア』が好調だ。Google Plaの売上ランキングでは、10月24日現在、売上ランキングの全体で10位、ゲームカテゴリーで9位となり、いよいよトップ10に入った。

本作は、王道のファンタジー世界を舞台にした、キャラクターの育成とバトル、シナリオが楽しめる本格的なロールプレイングゲーム。9月30日にリリースされたばかりなのだが、リリースから10日でトップ20入り、そこからわずか14日でトップ10入りを果たすなど、まさに破竹の勢いを見せている。

 
【Android版『ブレイブフロンティア』のGoogle Playでの売上ランキングの推移】


現在、ゲーム内イベントとして、「炎風の洞窟 禁止区域 「炎を纏う黒鉄の鍛帝」」と「エゴル雪原 隠れた花園 「雪原に咲く花」」のダンジョンが期間限定で登場しているほか、属性召喚キャンペーンなどが開催されており、ユーザーから好評のようである。

さらに、売上だけでなく、新規ユーザー数についても引き続き増えていることが伺える。各種プロモーション施策に加えて、Google Playの「今週のおすすめゲーム」に選定されており、「人気の新着 Android アプリ(無料)」でも総合で5位、ゲームカテゴリーで4位となっている。ユーザー数の増加に伴い、売上ランキングでのさらなるランクアップが期待される。

 


なお、好調なのは、Androidアプリ版だけにとどまらない。先行リリースされたiOS版についても10月24日12時現在、上記イベントとキャンペーンの効果で売上を伸ばしている模様で、App Storeの総合売上ランキングで8位まで順位を上げてきた。App StoreとGoogle Play双方でトップ10入りを果たしている。

 
【iOSアプリ版の売上ランキングの推移】
資料出所:AppAnnie




■関連サイト

Androidアプリ版

iOSアプリ版



©2013 Alim Co., Ltd. All Rights Reserved.

株式会社エイリム
http://www.a-lim.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイリム
設立
2013年3月
代表者
代表取締役社長 髙橋 英士
決算期
4月
直近業績
非開示
上場区分
非上場
企業データを見る