トランスコスモス、スマートフォンゲームブランド「渋三あっぷす」を立ち上げ…年度内50タイトルが目標、アプリ内課金型のゲームも

トランスコスモス<9715>は、本日(12月18日)、スマートフォン向けゲームアプリブランド「渋三あっぷす」を立ち上げると発表した。

「渋三あっぷす」は、「スキマ時間に手軽に楽しく遊ぶ」をコンセプトに、動物などのかわいいキャラクターを起用した、カジュアルゲームを中心とするゲームアプリを提供する。ブランド名は、トランスコスモス本社のある渋谷3丁目に由来している。

第1弾アプリ「すぴぃどたっぷ」を11月11日11時11分と1揃えの日時より提供を開始し、これまで合計15種類のゲームを配信。2013年度末までに50種類を目指すとともに、2014年春にはアプリ内課金型ゲームの提供も視野に入れているという。

トランスコスモスでは、スマートフォンアプリの受託開発から、リリース後のプロモーション、マネタイズ支援まで様々なサービスを提供している。「渋三あっぷす」は、ゲーム開発のノウハウの構築や、CPI型運用広告など新しいアドフォーマットの研究を目的とする一方、BtoC事業としての収益化も目指す。
トランスコスモス株式会社
http://www.trans-cosmos.co.jp/

会社情報

会社名
トランスコスモス株式会社
設立
1985年6月
代表者
代表取締役会長兼CEO 船津 康次/代表取締役社長兼COO 奥田 昌孝/代表取締役副社長執行役員 石見 浩一
決算期
3月
上場区分
東証プライム
証券コード
9715
企業データを見る