グリー、『聖戦ケルベロス』に新システム「バトルフィールド」が登場…より戦略性が高まったリアルタイム国家間バトル


グリー<3632>は、「GREE」で配信中の『聖戦ケルベロス』において、戦略性や協調性が鍵となるリアルタイム国家間バトル「バトルフィールド」の実装を発表した。新システム「バトルフィールド」とは、クエストやコロシアムのような個人戦ではなく、自分と同じ国に属するユーザー同士での協力プレイを行うとのこと。
 

■新システム「バトルフィールド」概要




(1).基本ルールは簡単!
プレイヤーはエリア内のマスを移動し、敵を攻撃し、拠点を制圧する。拠点は一度制圧しても他国に奪われることもある。戦功というポイントを貯め、30分間の国家間バトル終了後に戦功が多いギルドが勝ちとなる。

 


(2).求められる戦略性
プレイヤーの様子は全体マップを見ればリアルタイムでわかり、エリアごとの敵と味方の位置を見て、どこを攻めるか、援護するかなどの戦略を立てながら進めてゆく。また、プレイスタイルにあったデッキ編成も大きな鍵。デッキは9人のキャラクターと3つの武具を配置することができ、部隊タイプや配置する枠によって反映されるキャラクターの効果が変動する。




(3).仲間との協力プレイ
集団戦のため、協力してプレイすることが非常に重要となる。その中でも「ZOC効果」は、マスが隣接している仲間の数が多いほど有利となり、逆に敵の数が多いほど不利となる機能。この機能は、たとえ初期プレイヤーだとしても他プレイヤーとの協力を通して活躍できるチャンスとなる。また、ZOCに参加するだけで戦功を獲得することができるため、うまく活用するべき機能のひとつである。




(4).「総力戦」出場権を獲得し、国家の勝利に貢献
「総力戦」とは毎週日曜日に6回開催される、その週における勝利国を決める重要な戦いである。戦功個人ランキング各国上位300名が参加できる特別なもの。総力戦では、通常よりも多くの戦功、交換所ptなどが獲得できる。



 

■『聖戦ケルベロス』

公式サイト

iOS版ダウンロード

Android版ダウンロード

スマートフォンWeb版

フィーチャーフォンWeb版

 

 

(c) GREE, Inc.

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る