ドリコムのソーシャルゲームの戦略転換

ドリコム<3793>は、本日(5月13日)、決算説明会資料を開示し、昨秋行ったソーシャルゲームの戦略転換について明らかにしている。それによれば、トレンドの変化に合わせてゲームシステムを強化するとともに、開発計画を見直して作り込みを行い、第3四半期前半にリリース予定だったタイトルを12月中旬以降に変更した、としている。さらに戦略指針を明確にして注力するようにしたとのこと。 そこでつくられた戦略指針は以下のようなものだった。  1. バトル形式を採用したタイトルへの挑戦  2. 社内テストの徹底によるクオリティ担保戦略指針  3. データ主導の改善  4. IPの活用や広告活用によるプロモーション強化  5. ヒットゲームのプラットフォーム横展開の推進 こうした戦略転換でリリースされた「陰陽師」は、月商1億円を超える大ヒット。その後、「陰陽師」のゲームシステムをベースに異なるテーマのタイトルをリリースし、「GREE」や「mixi」内のランキングでも上位に入っている。 今後については、バトル形式を採用したタイトルリリースとシリーズ化を進め、複数SNSへの展開、スマートフォン向けの提供を行っていくとのこと。また、ソーシャルゲームのノウハウを軸に今夏に向けてスマートフォン向けのオリジナルアプリの提供も行っていくという。 このほか、ヒットに向けた仕組みを強化するとしている。これまでクリエイティブの出来不出来によって、あるいは出してみてから初めて当たるかどうか分かるという「クリエイティブ主導」だったが、今後は下の図のような「マーケティング主導」にする、としている。 なお、ドリコムは全社的にはスマートフォンへの対応に今後、注力していくようだ。収益へのインパクトは短期的にはネガティブではあるものの、中期的にはポジティブな要素とし、ソーシャルゲームだけでなく、モバイルコンテンツ、アドソリューションでもスマートフォン対応を行っていく方針を明らかにした。
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3793
企業データを見る