【TGS2014】CESA、『日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門』応募総数315作品から11作品の受賞を決定!

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、8月8日、ゲーム産業の未来を担う“アマチュア”のクリエイターが制作したオリジナル作品を表彰する『日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門』で、最終審査進出の17作品の中から、11作品を受賞作品として選出したことを明らかにした。

最終審査では、業界誌編集長、トップクリエイターが最終審査に進出した17作品全てを試遊。今年のテーマである「動き」に対する表現をはじめ、企画性、斬新性、ゲームバランス、プログラム、グラフィックなどの項目ごとに評価し、アマチュアならではのオリジナル性や特筆すべき優れた点について審議したという。

また、今年は、個人からの応募が昨年の倍以上となる105作品となり、その中から2作品が、受賞作品に選ばれた。この2作品の中から新設した「個人賞」が授与される。

「大賞」「優秀賞」「個人賞」「佳作」の発表および授賞式は、「東京ゲームショウ 2014」の一般公開日初日にあたる9月20日に、会場内ホール8のイベントステージで開催する。授賞式でのプレゼンターは、最終審査を行った業界誌編集長・トップクリエイターが務め、各作品の講評を行う。

なお、受賞 11 作品は、「東京ゲームショウ 2014」の会期中、「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門 受賞作品試遊コーナー」で公開し、実際にプレイすることができる。

 
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

会社情報

会社名
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
企業データを見る